ポルトガルにゲームの中のような世界観の街があった!「シントラの文化的景観」の絶景&歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「シントラの文化的景観」をご紹介します。


シントラの文化的景観ってこんなところ

Cultural Landscape of Sintraの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cultural Landscape of Sintra
住所 Sintra, Lisbon 
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Cultural Landscape of Sintraのスポットページ

シントラってどこにあるの?

シントラはポルトガルの都市で、首都リスボンから列車で約40分ほどの距離です。
ユーラシア大陸の西端と言われるロカ岬に近い街として知られています。

長く王室の避暑地となり、山間部に建つ宮殿などの景観が世界遺産に登録されました。
その美しさを「エデンの園」とイギリスの詩人バイロンは称しています。

8~9世紀にイスラム勢力のムーア人がこの地に城を造り、その後初代ポルトガル王アフォンソ1世により街は併合されます。
そして14世紀以降到来したポルトガル黄金時代と共に、様々な建築様式を取り入れた多くの建造物が建てられ、シントラは栄えていったのです。
16世紀には日本からの天正遣欧使節が王宮を訪問しました。

シントラの象徴・シントラ宮殿

巨大な2つの煙突が印象的なシントラ宮殿は、14世紀にジョアン1世の夏の離宮として建てられました。
元々ムーア人の住まいをアフォンソ1世が占領した地だったそうです。
そしてポルトガルが共和国となる1910年まで王家の所有となりました。
16世紀にマヌエル1世が大航海時代に得た富をつぎ込み、豪華に増築されます。
歴代国王はそれぞれ自身の好みに増築を重ねたため、非常に多くの建築様式がまじりあっています。

天井に描かれた27羽の白鳥が美しい「白鳥の間」が有名です。
また、アズレージョというポルトガル発祥の青いタイルが至る所に使われ、訪れる外国からの賓客を圧倒しました。
ポルトガルの勢いを見せつけたわけですね。

ジョアン1世とカササギの間

シントラ宮殿を建てたジョアン1世は、名君でしたがこんな逸話があります。

ある時、王は侍女にキスしているのを王妃に見られてしまいました。
王は苦し紛れに「これは善意でしたことだ」と言い訳すると、王妃は何も言わなかったものの、その噂はたちまち侍女たちの間に広まってしまいます。
そこで王は「お喋り」の象徴であるカササギを、侍女の数である136羽天井に描かせました。
そしてカササギの足は、王妃の出身のランカスター家の赤いバラをつかんでいるのです。

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ