中南米の歴史の要衝地。パナマのカリブ海沿岸の要塞群、ポルトベロとサン・ロレンソ

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「パナマのカリブ海沿岸の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソ」をご紹介します。

パナマのカリブ海沿岸の要塞群ってこんなところ

Fortifications on the Caribbean Side of Panama: Portobelo-San Lorenzoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Fortifications on the Caribbean Side of Panama: Portobelo-San Lorenzo
住所 Province of Colon – Distric of Cristobal Panama
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/135/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Fortifications on the Caribbean Side of Panama: Portobelo-San Lorenzoのスポットページ

ポルトベロとサン・ロレンソ

ポルトベロとサン・ロレンソ
パナマ中部のカリブ海沿岸にあるポルトベロは、首都パナマシティーから車で約1時間半の場所にある港町です。
ここにあるスペイン植民地時代の5つの要塞跡とサン・ロレンソ要塞の遺構が、当時スペインが築いた軍事施設の高いレベルを現代に残しているとして、世界遺産に登録されています。
16世紀の大航海時代になると、南米にはスペイン人がやってきて植民地を建設しました。
「美しい港」という意味を持つポルトベロは、スペインが征服したペルーやボリビアからの金銀財宝の積出し港として大いに栄えたのです。
しかしそれは同時に海賊から狙われることとなり、スペイン人たちは襲撃に備えて強固な要塞を造ることにしたのでした。






ポルトベロに造られた5つの要塞

ポルトベロに造られた5つの要塞
海賊の襲撃を前に、スペイン人は自衛を余儀なくされました。
そこで、17世紀前半に湾の入口にサン・フェリペ・トド・フィエロ要塞とサンティアゴ・デ・ラ・グロリア要塞、湾内にサン・クリストバル要塞とサン・フェルナンド要塞、加えて街自体にサン・ヘロニモ要塞を建設し、ポルトベロを要塞の街に改造したのです。
しかし、5つの要塞をもってしても街を完全に守りきることはできませんでした。
同じくパナマの世界遺産にしてかつて栄えた都市パナマ・ビエホを壊滅させたイギリス人ヘンリー・モーガンによって、ポルトベロは襲われてしまいます。
そしてイギリス艦隊のエドワード・ヴァーノンの攻撃によっても被害を受けました。

サン・ロレンソ要塞

サン・ロレンソ要塞
ポルトベロから南西に60㎞行った所にカリブ海に注ぐチャグレス川があり、その河口付近の丘の上に造られたのがサン・ロレンソ要塞です。
1597年、スペイン黄金期の王フェリペ2世の命により、フランシスコ・バルベルデ・イ・メルカドが建設しました。
次のページでは『国家公認の海賊:ヘンリー・モーガン』を掲載!
次のページを読む >>