人生で一度は訪れてみたい世界の極上リゾート8選

世界には美しい珊瑚に囲まれたリゾートや、言葉を失うような海などまだまだ僕らの知らない世界があります。
今回は、ちょっと長い時間がとれた時に行ってみたい南国リゾートを8つご紹介いたします。


#1 セイシェル

アフリカ大陸にほど近いインド洋西武に浮かぶ115の島々からなる島国「セイシェル」。
ヨーロッパの旅行者に人気のある島々で、特に人気なのが”ラ・ディーグ島”と”プララン島”。
この二つの島は、きめの可細かい遠浅のパウダーサンドビーチがあるのが特徴的。

#2 モルディブ

楽園という言葉がぴったりなモルディブ。
モルディブは、珊瑚の砂が積もってできた約1200の小さな島々が、26の環礁に浮かぶ国。
新婚旅行で訪れる方も多く、島が一軒まるごとリゾートになっている島が100島ほどあるのも特徴的。
死ぬまでに一度でいいから行ってみたい!

#3 マイアミ

アメリカフロリダ州の最南端にあるのがアメリカビーチリゾートとして知られている「マイアミ」。
マイアミは、もともとは湿地地帯だったが、1930年~40年代にアールデコ様式のホテルが次々に建設されいつしかアメリカ人の憧れの旅先となっていたんだとか。著名人の別荘が多いのも特徴的。

#4 モーリシャス

ヨーロピアンのハネムーン先としても人気が高い「モーリシャス」。
“インド洋の貴婦人”と称されるほど美しい国で、王族をはじめ、世界のセレブが訪れるリゾートでもある。

#5 ラナイ島/アメリカ

ハワイ諸島のほぼ中心に位置する島「ラナイ島」。
かつて島の面積の20%がパイナップル畑だったこともあり”パイナップル・アイランド”と呼ばれていたりもする。
パイナップル畑は今では、2軒のリゾートホテルとなり、どちらかに滞在してゴルフを楽しむのが一般的な過ごし方。

#6 フィジー

約330島からなり、日本の四国よりちょっと大きいくらいの島々「フィジー」。
国土の6割を占めるビチレブ島では、大型リゾート滞在が楽しめ、離島では、島まるごとがリゾートになっていることも多い。

#7 ニューカレドニア

葉巻のような形をしたグランドテール島を中心として、周辺の海に散らばる美しい島々からなる「ニューカレドニア」。
“南太平洋のプチ・パリ”とも呼ばれており、2008年には世界遺産にも登録されている。
wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

絶景
街・都市

関連記事を見る

絶景の記事を見る

石田三成に過ぎたるものといわれた「佐和山城」ってどんなところ?
【沖縄・今帰仁村(なきじんそん)の旅レポ】「今帰仁城跡」と「古宇利島」で絶景&歴史を満喫する旅
熊野古道には鬼が棲む「鬼ヶ城」伝説
幕末に散った「会津若松城」は忠義の城
戸隠神社に行ってきた!日本屈指のパワースポットで運気チャージの旅
明石城観光前に知りたい!日本100名城「明石城」ってどんなところ?
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
砂蒸し風呂で有名な「指宿温泉」と周辺の歴史的観光スポット
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
世界で最も観光客が訪れる国ランキングTOP10 ちなみに日本は?