歴史と謎に溢れた地中海の都「アレクサンドリア」

古代四大文明の中の1つであり、その遺跡を見るために多くの観光客が訪れるエジプト。首都であるカイロや王家の谷があるテーベなど多くの観光スポットがありますが、今回は海辺の街であるアレクサンドリアの魅力を紹介します。

古代から栄える商業の都

古代から栄える商業の都
アレクサンドリアは地中海に面した都市であり、古代から貿易によって栄えてきました。
現在でも、多くのグローバル企業が進出しており、その影響で欧米らしさが街中に漂っています。

海底に眠る美女の宮殿

海底に眠る美女の宮殿
世界三大美女として名高いクレオパトラ。
彼女は生前この場所に大きな宮殿を建てていましたが、1996年にこのアレクサンドリアの海底に宮殿の遺跡があることが判明し、今でも様々な研究や調査が行われています。

丘の上にある一本だけの柱

丘の上にある一本だけの柱
アレクサンドリアの丘にある立派な一本だけの柱と小さなスフィンクスは、未だにはっきりとした歴史が判明していない不思議な観光スポットです。
今現在では、古代に建設された神殿や大きな図書館の柱だったのではないかという説が有力だと言われています。

伝説の灯台の跡地に建てられた要塞

伝説の灯台の跡地に建てられた要塞
アレクサンドリアに訪れた観光客が必ず訪れる場所がこのカイト・ベイ要塞です。
現在は博物館となっていますが、この要塞は伝説の灯台と言われるファロスの灯台があった跡地に建てられたと言われています。






地中海を照らした世界七不思議の灯台

地中海を照らした世界七不思議の灯台
先ほど紹介したファロスの灯台は、ピラミッドと同じ程の大きさがあり、地中海全域を照らしたと言われている世界七不思議の1つでもあります。
地震によって崩壊しましたが、今なおアレクサンドリアのシンボル的な存在として世界中に知られています。

紀元前から建られ続けた図書館

紀元前から建られ続けた図書館
アレクサンドリアは紀元前に大きな図書館が建設されました。
しかし、放火やローマ帝国の破壊により何度も建築を繰り返しており、それらの被害から守られ続けてきた書物は今では新たな図書館にて保存されています。

王の別荘だった郊外の宮殿

王の別荘だった郊外の宮殿
中心部から離れた郊外にあるモンタザ宮殿は、19世紀頃収めていた王朝によって建設された別荘です。
地中海を見下ろす場所にあり、緑豊かな庭園は地元の若者に人気のスポットです。
次のページでは『ローマ帝国が残した小さな競技場』を掲載!
次のページを読む >>