大正ロマン漂う日本屈指の温泉街『銀山温泉』

NHKの連続テレビ小説「おしん」の舞台ともなった銀山温泉は、大正から昭和初期にかけて建築された風格のある街並みの温泉街が魅力のスポットです。今回は、そんな大正ロマンあふれる山形県の銀山温泉についてご紹介いたします。






魅力はなんといってもこの絶景

魅力はなんといってもこの絶景

image by PIXTA / 22568128

銀山温泉があるのは、山形県の尾花沢市。

山形新幹線の大石田駅よりバスでおよそ40分のところに広がる温泉街は、ノスタルジックな情緒あふれる街並みで有名です。

image by PIXTA / 23071571

銀山川を両側から見下ろすように堂々とたたずむ旅館の数々は、外観にこて絵と呼ばれる漆喰のレリーフがほどこされた洒落た見た目をしているものが多く、建てられた当時としてはモダンな三層または四層の木造バルコニー建築です。

当時を知らない若い人でも、訪れればどことなく切なくあたたかな郷愁感を抱くことができるでしょう。

ガス灯の明かりが幻想的

ガス灯の明かりが幻想的

image by PIXTA / 20156798

銀山川のいたるところには橋がかかり、温泉街の歩道には現在では珍しいガス灯が建ち並んでいます。

実物を見るのはここが初めてという方も多いかもしれませんね。

image by PIXTA / 23071566

遊歩道には気軽に入れる足湯があるほか、古くから続く歴史ある「大湯」、そして近年新しく作られた「しろがね湯」というふたつの共同浴場があります。

日帰りでも楽しめる銀山温泉ですが、温泉街には一般車両は入れないため、日帰りの場合は温泉街から歩いて3分ほどのところにある駐車場に車を停めておくことができます。

しかし、やはり断然おすすめなのは温泉街の旅館での宿泊。

日が落ちてガス灯にあかりが灯り始める頃の銀山温泉は、まるで古い映画の中に出てくるワンシーンのよう。

どこを切り取っても絵になる光景ばかりなので、写真好きの方にもたまらないスポットといえるでしょう。







国民保養温泉地です

国民保養温泉地です

image by PIXTA / 13762040

銀山温泉は、1968年に国民保養温泉地にも指定されています。

大正ロマン漂う貴重な景観を守るため、銀山温泉一帯には街並みを保存するための条例が定められているそうです。

image by PIXTA / 13556220

温泉街から歩いて15分のところには、国の指定史跡となっている銀鉱洞という洞窟があります。

照明や足元もきれいに整備され、浴衣のままで中を探検できるので、銀山温泉に訪れた際はぜひ立ち寄ってみては。

さあ、銀山温泉へいこう

山形新幹線大石田駅からバスで40分。

車の場合は東北自動車道の古川ICから国道47号線を経て国道347号線で銀山温泉まで向かいますが、冬の間は国道347号線が通行止めとなるためご注意ください。

photo by PIXTA

関連記事を見る

国内の記事を見る

伊豆高原のお土産ならこれ!全部食べて散策して決めたお土産ランキングTOP10
修善寺温泉のお土産ならこれ!全部食べて決めたランキングTOP15
長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
飛騨高山の観光スポット18選 ホテル支配人に聞いたおすすめスポットはここ!
草津観光ならここ!温泉だけじゃない草津満喫の観光スポット10選
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?