なにこの絶景!黄金色に輝く砂紋の景色『御輿来海岸の夕日』

海岸線に延々と続く美しい砂の曲線。人知の及ばない、自然の力が創り出す芸術品のよう…!ここではそんな、熊本県の御輿来海岸の夕日についてご紹介します。

有明海をのぞむ海岸です

有明海をのぞむ海岸です
御輿来海岸は、熊本県宇土市の宇土半島北岸に位置する、有明海をのぞむ海岸です。
干潮時、その海岸沿いに息を飲むほどの絶景が現れます。

ずっと見ていたい絶景…

ずっと見ていたい絶景…
何時間でも眺めていたいこの光景。
しかし美しいものの多くがそうであるように、この奇跡の光景が観られる時間は長くはありません。

しかし見れるのは干潮時のみ

しかし見れるのは干潮時のみ
この絶景が現れるのは干潮時。
有明海は干満の差が日本一大きいため、干潮時になると2km以上沖合いまで海底が現れます。

約10kmにも渡って広がるのだとか

約10kmにも渡って広がるのだとか
潮が引いた海岸の砂地には風と波による美しい曲線美の砂紋(砂干潟)が。
この神秘的な曲線は、長浜海岸から網田海岸までの約10kmにも渡って広がります。







年間数日しか訪れない絶景

年間数日しか訪れない絶景
特に絶景なのが、この干潮と夕日が重なった光景。
年間数日しか訪れないこの瞬間をめがけて、プロアマ問わず多くのカメラマンが海岸にやってきます。

御輿来海岸の名の由来

御輿来海岸の名の由来
御輿来海岸の名は、その昔、景行天皇が九州遠征の際に海岸線の美しさに心奪われ、しばし御輿を駐め見入られたという伝説が由来となっています。
時の天皇のみならず、時代を超えて誰もが足を止めずにはいられない絶景です。

「日本の夕日百選」にも選ばれています

「日本の夕日百選」にも選ばれています
「日本の渚百選」「日本の夕日百選」にも選ばれている景勝地、御輿来海岸。
ぜひ干潮と夕日の重なる日をねらって訪れたい絶景スポットです。
次のページでは『さあ、旅へ出かけよう』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

九州の記事を見る

長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
豊臣秀吉も認めた名武将・鍋島直茂と「鍋島化け猫騒動」
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは
雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる
高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて
玄界灘を望む麗しき海城「唐津城」の歴史と見どころをご紹介!
島津義久の大将としての器とは?島津家を九州最強の戦国大名に押し上げた人物