どこまでも続く絶景…スペインのアンダルシアのひまわり畑

一面のひまわり畑が有名なスペイン・アンダルシア地方は、夏の気温が40度を超え雨はあまり降りません。そのためひまわりが咲くのはもっと早く、5月末から6月のわずかな期間。日本では夏の風物詩ですが、アンダルシア地方とは見ごろが違うので注意が必要です。咲く時期も毎年微妙に変わるため、直前にツアーを組む会社が多い様子。日本では見ることの出来ない、どこまでも続くひまわり畑の絶景をご紹介しましょう。

スペインの代名詞「ひまわり」

スペインの代名詞「ひまわり」
スペインの広大なひまわりは観賞用ではなく、オイル用に栽培されているもの。
ひまわり油はコレステロールを減らす作用があり、くせがないので様々な調理に最適です。
また、ひまわりの種は観光地はもちろんスーパーマーケットにも必ず売っているほどの人気。
スペインの人々にとってひまわりは、花畑というより作物の畑という概念なのでしょう。
ひまわり畑は素晴らしい絶景なので何だかもったいない話ですね。

ひまわり畑がある場所、カルモナ

ひまわり畑がある場所、カルモナ
アンダルシア地方にはたくさんのヒマワリ畑が広がっています。
中でもスペイン屈指のひまわり畑が広がっているのが、セビリアから近いカルモナという小さな街。
白壁の町並みや石畳の道が美しく、パラドールでの絶景ステイも楽しめるカルモナ。
明るさと輝きに満ちたどこまでも続くひまわり畑の絶景は、一生あなたの記憶から離れることはないでしょう。






Carmonaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Carmona
住所 Carmona, Sevilla, Spain
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.carmona.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Carmonaのスポットページ

カルモナへの拠点地、観光都市セビリア

カルモナへの拠点地、観光都市セビリア
カルモナのひまわり畑へ行くためには、セビリアが拠点となることが多いので、セビリアについても触れておきましょう。
セビリアは、スペイン第三の人口を誇る観光都市で、セビリア大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館は世界遺産に登録されています。
美しい建築物に目を見張る一方、闘牛やフラメンコの本場で、見どころ満載。
セビリアの観光地は、ひまわり畑とともにスペイン旅行にさらなる楽しみを与えてくれるでしょう。
次のページでは『ひまわり畑へのアクセス』を掲載!
次のページを読む >>