大自然のパワーあふれる世界のレインボースポット4選

世界中の絶景には自然の力で作られた神秘的な景色が数多く存在します。中でも人間の手では再現できないほどカラフルな現象を起こしてしまった絶景も。今回は、どうしてそんな色になるのか想像せずにはいられない、世界の美しいレインボースポットをご紹介します。


ハワイの新たな写真スポット?「レインボーユーカリ」

ハワイには、つい写真に収めたくなるほどカラフルな木が育っているのをご存知でしょうか。
その名も、「ミンダナオ・ガム」。
ユーカリの一種で、北半球で唯一育つ種類なのだそう。
オレンジ、赤、緑、青などとてもカラフルで、誰かがいたずらでもしたのではないかと思うほど。
ハワイでは一生に一度は見たい植物として観光客にも人気を集めているのだとか。

では、一体なぜこんなにカラフルに変化しするのでしょうか。
実はこれ、紅葉と同じ仕組みなのだそう。
モミジの葉が緑から赤へと変わるように、このレインボーユーカリも樹皮が老化反応により緑色から赤色へと変化する過程でカラフルに見えるのだそう。
ハワイだけでなく、フィリピンやインドネシアなどの東南アジアでは主にパルプの材料としても栽培されているそうですが、日本では自生していない珍しい植物です。
ぜひ写真に収めてそのカラフルな色を楽しんでくださいね。

ドールプランテーションの住所・アクセスや営業時間など

名称 ドールプランテーション
住所 64-1550 Kamehameha Hwy. Wahiawa, Hawaii 96786
営業時間・開場時間 9:30-17:00
利用料金や入場料 無料 
参考サイト https://www.doleplantation.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドールプランテーションのスポットページ

アメリカの七色に輝く塔「フライガイザー」

アメリカのネバダ州には七色に輝く間欠泉が存在します。
その名も「フライガイザー」。
まるで地球のものとは思えないほど不思議な光景に目を疑ってしまいますね。
なんでも100年前に、私有地のオーナーが農井戸を何十年と掘り続けるうちに地熱水源を掘り当て、このような間欠泉ができたのだとか。
湧き出る温水は炭酸カルシウムが豊富に含まれており、そのカルシウムが蓄積してこのような塔になるのだそう。

実は現在も上に上にと成長しています。
なぜこのカラフルな色になるのかというと、塔から湧き出る温水が藻類やバクテリアを育て、それがこのように発色しているのだとか。
茶色や緑の色は高温で生きる藻類の色に起因し、ミネラル成分が反応してこのような色になるのだそう。
残念ながら私有地のため一般人は立ち入ることができませんが、YOUTUBEなどの動画ではこの塔の温水が噴き出す様子を見ることができますよ。

Fly Geyserの住所・アクセスや営業時間など

名称 Fly Geyser
住所 Gerlach, NV 89412
営業時間・開場時間 一般公開されていません
利用料金や入場料 一般公開されていません
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Fly_Geyser
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Fly Geyserのスポットページ

まるで中国のグランドキャニオン「丹霞地形」

自然のスケールが大きな中国では、中国版グランドキャニオンと呼ばれる大地が広がっています。
「丹霞地形(たんかちけい)」と呼ばれるこの大地は、中国北西部の甘粛省に存在します。
赤い岩肌に映える色鮮やかなストライプ模様がなんとも美しいこの光景は、なんと1億年以上昔の白亜紀から堆積してきた砂岩が隆起してできたものだそう。
白亜紀といえば恐竜の時代。
そんなはるか昔を想像すればきっと誰でもワクワクしながらこの地を踏んでみたくなるでしょう。

なぜこのような色になるのかというと、岩山に含まれている鉄分やマンガンなどの成分によるものだそう。
中国にはこのような大地がいくつか存在し、世界遺産にも登録されています。
今では観光地として人気が出てきており、バスなどの交通網が整備されるようになりました。
白亜紀を体感できる観光地に、是非足を運びスケールの大きな思い出を作ってみてはいかがでしょう。

丹霞地形の住所・アクセスや営業時間など

名称 丹霞地形
住所 広東省韶関市仁化県丹霞山地質公園 丹霞山
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E9%9C%9E%E5%9C%B0%E5%BD%A2
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

丹霞地形のスポットページ

コロンビアの楽園へ続く川「キャノクリスタレス」

コロンビアと聞くと想像するのがコーヒーではないでしょうか。
そんなコーヒーが美味しいコロンビアでは、他にはない色鮮やかな川が存在します。
その名も「Cano cristales(キャノクリスタレス)」。
数々の別名をもち、「世界で最も美しい川」「五色川」「楽園へと続く川」など、とにかく褒められまくっている川なのだそう。
しかしこの川、常にこのように美しいわけではありません。
雨期と乾期の間である9月から11月の短い期間にだけ見ることができる幻のような川なのです。

その期間はわずか2~3週間だとか。
色鮮やかに輝く理由には川底に生える苔が大きくかかわっています。
通常緑色をした苔がその期間中にだけ、真っ赤に変化していくのだそう。
赤やピンク、黄色、緑色の苔、水の青、川底の色などが重なり合い、このように美しい光景を作り出しているのです。
この川は国立自然公園「シエラ・デ・ラ・マカレナ」内を流れ、全長100kmにも及びます。
車で行くにはかなり難しい場所にありますが最近では観光客のために飛行機が運航されるようになったのだそう。
少々大変な旅になりそうですが、世界のどこにもない美しい川を見るためなら冒険する価値はあるかもしれませんね!

キャノクリスタレスの住所・アクセスや営業時間など

名称 キャノクリスタレス
住所 Cano Cristales
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://karapaia.livedoor.biz/archives/51483045.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キャノクリスタレスのスポットページ

カラフルは自然のパワー!

いかがでしたか?世界には目を疑うような美しいスポットがまだまだ存在します。
ご紹介したのはほんの一例にすぎませんが、カラフルに輝く美しいスポットを訪れたら、きっとあなたの人生もカラフルになる、そんなパワーをもらえるかもしれません。
一生に一度は、訪れてみたい場所ですね。
photo by iStock

関連記事を見る

絶景の記事を見る

奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
川中島の戦いと真田家で有名な「松代城」の歴史を知ろう!
実際に行って選んだ!沖縄本島ビーチランキングBEST30
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
死ぬまでに1度は行ってみたい!日本の絶景・秘境112選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
石田三成に過ぎたるものといわれた「佐和山城」ってどんなところ?
【沖縄・今帰仁村(なきじんそん)の旅レポ】「今帰仁城跡」と「古宇利島」で絶景&歴史を満喫する旅
熊野古道には鬼が棲む「鬼ヶ城」伝説
幕末に散った「会津若松城」は忠義の城