半壊!予約不可!1度は泊まってみたい!?ボロいい宿5選

最近なにかと話題になっているのがボロくていい宿通称”ボロいい宿”。ランプに乗っ取られた宿から、手紙でしか予約出来ない宿、半壊している宿など、普段では体験することができない宿が外国人を中心に人気なんだとか。今回は、そんな日本のボロいい宿を5つご紹介いたします。






#1 藤三旅館/岩手

岩手県花巻市の新花巻駅から車で30分の場所にあるボロいい宿「藤三旅館」。

見た目は、ボロすぎて営業しているのかもわからないような外観ですが、週末や年末年始・GWは満室になるという大盛況っぷり。

このボロいい宿の人気の秘訣は「温泉と激安1泊4500円」。

“白猿の湯”、”日本一深い立ち湯”、”桂の湯”など個性的な温泉があるのが人気。

とくに”日本一深い立ち湯”は人気が高いそうです。

ちなみに藤三旅館には旅館部と湯治部があり、旅館部は絶景にこだわりのある部屋が用意されています。
ボロいい宿として認知されているのは、湯治部の方で、旅館部の方には絶景自慢の部屋も用意されています。

藤三旅館

住所:岩手県花巻市鉛字中平75-1
価格:4500円

#2 渡合温泉旅館/岐阜

岐阜県の中津川市にあるのは、別名”ランプの宿”と呼ばれているボロいい宿「渡合温泉旅館」。

12月?4月は車が侵入禁止のため、バスを乗り継いで4時間歩かなければ辿り着かないというまさに秘境にあるボロいい宿。

この宿は、電気が通っていないためいたるところにランプが吊るしてるのが特徴的。







渡合温泉旅館

住所:岐阜県中津川市加子母渡合
価格:11,950円?

#3 苫屋/岩手

岩手県の野田村にあるのは、アジア民族造形館周辺にある、築150年以上の南部曲り家を改築した民宿&カフェ「苫屋」。

電話がなく手紙でしか予約できないのにもかかわらず、国内外に熱狂的なリピーターを持つ隠れ家的ボロいい宿。

手紙だと年代の想像ができ食事への配慮ができるため、あえてそうしているんだとか。

苫屋

住所:岩手県九戸郡野田村大字野田5-22
価格:6000円

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

国内
絶景
絶景ホテル

関連記事を見る

国内の記事を見る

伊豆高原のお土産ならこれ!全部食べて散策して決めたお土産ランキングTOP10
修善寺温泉のお土産ならこれ!全部食べて決めたランキングTOP15
長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
飛騨高山の観光スポット18選 ホテル支配人に聞いたおすすめスポットはここ!
草津観光ならここ!温泉だけじゃない草津満喫の観光スポット10選
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?