世界で最も観光客が訪れる国ランキングTOP10 ちなみに日本は?

皆さんは、世界で最も観光客の多い国を知っていますか?今回は、世界観光機関によって発表される海外からの観光数が多い国ランキングTOP10をご紹介いたします。(2017年9月段階で最新情報となる、2016年のランキングです。)次の旅行先のヒントにいかがでしょうか?日本の観光客数とランキングも、最後に記載しましたよ。

10位 タイ(3255万人)

10位 タイ(3255万人)

image by iStockphoto

まずは第10位は、年間3,255万人が訪れるタイ。
日本人にとってはバックパッカーの聖地としてのイメージや、女性に人気のリゾート地という印象も強いのではないでしょうか。
東南アジアとしては他にもマレーシア、香港などが人気の観光地として世界中からの観光客を受け入れていますが、タイが最も人気なんですね。

9位 メキシコ(3496万人)

9位 メキシコ(3496万人)

image by iStockphoto / 70696395

メキシコには、絶景ビーチの”カンクン”をはじめ古代遺跡”チチェン・イッツァ”などの世界遺産も数多くあります。
おススメは、カンクン近くで見られる地底湖”セノーテ”。
限りなく透明な水の世界はまさに絶景。

8位 ドイツ(3,557万人)

8位 ドイツ(3,557万人)

image by iStockphoto

第8位は、年間3,557万人が訪れるヨーロッパの「ドイツ」。

ドイツは数多くの魅力がある人気国の一つ。
中世の古城や町、ロマンチック街道、ノイシュヴァンシュタイン城、オークトーバーフェスタなど、本当に多くの見るべきスポットがある国です。

7位 イギリス(3,581万人)

7位 イギリス(3,581万人)

image by iStockphoto / 74348031

第7位は、年間3,581万人が訪れるヨーロッパの「イギリス」。

文化発祥の地として名高い”ロンドン”は、誰もが憧れる世界都市であり、郊外にはストーンヘッジやビーチヘッドなどのスポットも数多くあります。







6位 トルコ(推定3,947万人)

6位 トルコ(推定3,947万人)

image by iStockphoto / 78631767

第6位は、アジアとヨーロッパの文化が交差する「トルコ」。
観光客数が推定となっているのは、2016年度の数字が確定していないため、2015年度の3,947万人という数値が参照されているためです。

トルコには、情緒溢れる”イスタンブール”や奇岩の絶景”カッパドキア”やパムッカレなど、自然の絶景が多いのが特徴的。

5位 イタリア(5,237万人)

5位 イタリア(5,237万人)

image by iStockphoto

第5位は、年間5,237万人が訪れるヨーロッパの「イタリア」。

イタリアには、ローマやフィレッツェ、シエナをはじめとした歴史ある街や、アルベロベッロやアマルフィ、ヴェネチアなどのロマンチックでユニークな街があるのが特徴的。

4位 中国(5,927万人)

4位 中国(5,927万人)

image by iStockphoto / 59445350

第4位は、未だに爆発的に成長しているアジアの「中国」。
日本にいると、上海や北京などの都会の情報を目にすることが多いが、実は中国は絶景大国でもあります。

水彩画のように美しい”桂林の漓江”やエメラルドに輝く”九寨溝”など自然の絶景が多いのが特徴的です。

次のページでは『3位 スペイン(7,556万人)』を掲載!
次のページを読む >>