オランダ・アムステルダムに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。オランダ・アムステルダムでの観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

アムステルダムの細長い民家

アムステルダムの運河沿い歩いてみると、細くて長い家が可愛らしく並んでいます。
なぜ、アムステルダムの民家がこのような造りになったかというと、運河に面した建物は間口の大きさに応じて、税金の値段が違い、間口が小さいほど安いのです。
これは玄関の大きさをなるべく小さくして払う税金をなるべく少なくするというアムステルダム市民の知恵なのです。

色とりどりのチューリップ

色とりどりのチューリップ

image by iStockphoto / 40568480

オランダというと、最初に頭に浮かぶのはチューリップではないだろうか?春になれば、アムステルダムもチューリップが咲き並びます。
オランダではチューリップの品種改良が盛んに行われており、日本では見られないような色のチューリップも見ることが出来ます。
数えきれない種類のチューリップが一面に広がるのはまさに圧巻で、その光景は夢の様です。

職人の技術が光る木靴

職人の技術が光る木靴

image by iStockphoto / 71864191

アムステルダムのお土産で人気のアイテムの一つが木靴です。
職人たちの伝統の技術で一つ一つが手作りで作られる逸品です。
白木をくりぬいて作られており、とてもシンプルな形をしています。
伝統衣装に合わせて履くだけでなく、飾り物として、キーホルダーとして様々な大きさの木靴が作られています。
オランダに行った際は是非試着してみてはいかがですか?

今でも残る風車

今でも残る風車

image by iStockphoto / 65735049

オランダの風景でよく目にするのは風車です。
もちろんアムステルダムにもたくさんの風車があります。
今では観光資源となった風車ですが、もともとは、排水用として使われていたのです。
土地が海より低いオランダでは水害に苦しめられ、それを救ったのが風車でした。
昔は9000機ほどあった風車ですが、今では随分と減ってしまい、1000機以下です。
しかし、オランダの象徴であることは今でも変わりないのです。






オランダ空の玄関口スキポール空港

オランダ空の玄関口スキポール空港

image by iStockphoto / 56712260

オランダの玄関口といえば、アムステルダムにあるスキポール空港です。
欧州のハブ空港として有名で、多数の航空会社が乗り入れています。
そんな大規模な空港なだけあって、様々な施設が入っています。
レストランやショッピングモールはもちろんのこと、美術館やカジノまで併設されています。
空港が街の様になっていて、必要な物は何でもあるのではないかというくらい必要な物が揃っています。

アムステルダムの夜のスポット飾り窓

アムステルダムの夜のスポット飾り窓

image by iStockphoto / 63357309

アムステルダムのナイトスポットといえば飾り窓地帯です。
一言で言えば売春宿が並ぶ風俗街です。
通り全体が赤いライトに照らされていて、大きな窓の中に下着姿の女の人が立っています。
彼女たちが手招きをしているので近寄っていくと、窓が開き交渉がはじまります。
だいたい50ユーロほどでお相手してもらえます。
買春が合法のオランダならではの場所です。

自転車所有率世界一位!

自転車所有率世界一位!

image by iStockphoto / 63198985

オランダは一人あたりの自転車所有率が世界で最も高い自転車大国です。
特に、アムステルダムでは車道、歩道の他に自転車道が街中に整備されており、たくさんの人が自転車に乗って通勤・通学をしています。
そのため、アムステルダムの駐輪場はいつも一杯です。
たくさんの場所に駐輪場を作るのですが、それでも追いついていない現状です。
次のページでは『オランダの味覚チーズ』を掲載!
次のページを読む >>