イタリア・ナポリに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。イタリア・ナポリでの観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

ナポリ湾の絶景

イタリア・ナポリと言えば、ナポリ湾に隣接する町の景色が有名です。
ナポリ湾の背景にはヴェスヴィオ火山を眺めることができます。
町には観光用の2階建てバスが随時走っており、バスの2階に座ればナポリの風に吹かれながら、街並みやヴェスヴィオ火山を見て回ることができます。
昼は明るい街並みですが、夜になると建物から光が漏れ、ロマンティックな風景に早変わりします。

ナポリ湾岸にそびえたつ“卵城”

ナポリ湾岸にそびえたつ“卵城”

image by iStockphoto / 69771645

卵城、正式名称「カステロ・デル・オーボ」です。
名前の由来については、城を建てる際、城の基礎部分に卵を埋め「この卵が割れるとき、城もナポリも滅びる」という呪文がかけられたことから「卵城」と呼ばれることになりました。
卵城には入ることができ、ナポリ湾を一望できる観光名所として有名です。
町で最も歴史の古い要塞で、おごそかな雰囲気が漂います。

ナポリ王宮「パラッツォ・レアーレ・ディ・ナーポリ」

ナポリ王宮「パラッツォ・レアーレ・ディ・ナーポリ」

image by iStockphoto / 3876728

ナポリ王宮(パラッツォ・レアーレ・ディ・ナーポリ)は、かつてナポリ王位や両シチリア王位についていたブルボン家の王宮です。
城の前には大きな広場があり、多くの人が行き交っています。
王宮の門には大きな銃をかかえた門番が立っていて、簡単に入れる雰囲気ではありません。
王宮も、王宮の前に立つ門番も、すべてが絵になります。

歴史のあるサン・カルロ劇場

歴史のあるサン・カルロ劇場

image by iStockphoto / 65754033

サン・カルロ劇場は、ミラノのスカラ座、ローマのオペラ座に並ぶイタリア三大歌劇場の一つで、劇場としてはヨーロッパで現役最古のものといわれています。
18世紀に創設され、ナポリ王国の黄金期の象徴ともいえる豪華絢爛な今でも美しい建築物です。
資金不足のため1874年~1875年の1年間だけ公演が中止されましたが、それ以外では定期公演が中止されたことがないことでも有名です。






異様な迫力を放つヌオーヴォ城

異様な迫力を放つヌオーヴォ城

image by iStockphoto / 68587787

13世紀にアンジュー家が建てた城で、「アンジュー家の城」とも呼ばれています。
15世紀になってアラゴン家が再建しました。
5つの円筒型の塔に囲まれており、変わったデザインをもつ城です。
現在内部は市立博物館になっていて一般人でも自由に見学に訪れることができます。
夜になるとライトアップされるので、日が少し落ちた頃がより城外観の迫力を増します。
有名な観光スポットです。

古代のテルマエ、「ポンペイ遺跡」

古代のテルマエ、「ポンペイ遺跡」

image by iStockphoto / 39097100

ポンペイは、ナポリ近郊にあった古代都市です。
西暦79年、ナポリにあるヴェスヴィオ火山の噴火により、ポンペイの町と人々すべてが一瞬で地中に埋もれました。
火砕流は時速100km以上のスピードでポンペイを襲い、逃げ出すことのできなかった人々や生活用具が、何年もの時を経て綺麗に発見されました。
ユネスコの世界遺産にも登録されています。

ナポリ大聖堂

ナポリ大聖堂

image by iStockphoto / 88714431

ナポリ大聖堂はナポリの主要な教会で、ナポリ司教座教会のことをいいます。
教会内にある小聖堂は、ナポリの守護聖人、聖ヤヌアリウス(聖ジェナーロ)に捧げて建てられました。
聖堂には原則5月の第一土曜と9月19日の年2回、ヤヌアリウスの血液が入った小瓶が持ち出されます。
このヤヌアリウスの血液が年に2回の祝祭日に液体化しなかった場合、ナポリに悪いことが起こると言い伝えられています。
次のページでは『国立考古学博物館』を掲載!
次のページを読む >>