イタリア・ローマに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。イタリア・ローマでの観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。


古代のダイナミズムを感じる巨大闘技場 コロッセオ

古代のダイナミズムを感じる巨大闘技場 コロッセオ

image by iStockphoto / 56686916

言わずと知れたローマの名所コロッセオは、紀元80年にヴェスパシアヌス帝の命により作られた円形闘技場です。
建設当初は5万人以上の収容が可能だったといわれ、剣闘士や猛獣による戦いが見世物として行われていた場所でした。
内部には古代ローマ時代に使われていた猛獣の檻がそのまま残されています。
また古代の歴史家カッサス・ディオは、コロッセオの完成を祝う祭りが開かれていた百日間に五千頭もの猛獣が殺されたと綴っています。
ローマ帝国の滅亡後しばらくすると闘技場として使われることがなくなり放置され、さらに中世に起こった地震のあとには建材のための採石場として利用されていました。
ルネサンス期には大理石が剥がされ再利用されることとなり、最終的に現在のような一部の損傷した遺跡になったといわれています。
しかし現在に残るその姿だけでも、私たちに古代ローマの壮大な空気を感じさせる迫力があります。

ローマ皇帝の権威の象徴 コンスタンティヌス帝の凱旋門

ローマ皇帝の権威の象徴 コンスタンティヌス帝の凱旋門

image by iStockphoto / 19591778

コンスタンティヌス帝の凱旋門は、コロッセオの程近くに建設された帝政ローマ最大級の凱旋門です。
高さは28mを誇り、装飾品の再建された現在では古代そのままの白い輝きを放っています。
315年、コンスタンティヌス帝がミルヴィオ橋の戦いに勝利したことを記念して元老院と市民によって作られたこの門ですが、その装飾品の多くはトラヤヌス、ハドリアヌスなど過去の偉大な皇帝の建造物からはぎとられて使用されたものであることがわかっています。

活気あふれる鮮やかな広場 カンポデフィオリ

活気あふれる鮮やかな広場 カンポデフィオリ

image by iStockphoto / 12000757

カンポデフィオリは「花の野」を意味する言葉で、その意味通り色彩の溢れる様々な屋台の立ち並ぶにぎやかな市場となっています。
今では明るく生命力を感じるこの広場ですが、かつては処刑場として使われていた場所でもあります。
地動説を擁護し1600年に火あぶりにされたジョルダーノ・ブルーノもその犠牲者の一人で、広場の中央に建てられた彼の銅像は現在でも私たちを見下ろしつづけています。

完成された古代の芸術 パンテオン

完成された古代の芸術 パンテオン

image by iStockphoto / 83856151

ルネサンス期の彫刻家ミケランジェロが「天使の設計」と称えたこの神殿は、アウグストゥスの重臣アグリッパによるはじめの建設から2000年以上経った今でも当時のものとほとんど変わらない姿を残しています。
他の古代ローマの建築物が多かれ少なかれ破損しているのに対しパンテオンのみが無傷で存在できたのには理由があり、その秘密は教皇ボニファティウス4世の時代に隠されています。
ローマ滅亡後の608年、彼は当時のビザンツ皇帝の提言を受けてこの神殿をキリスト教会として利用させたのです。
このことでパンテオンは以降の時代においても破壊を免れ、かつてのローマ建築の構造をそのまま現在にまで伝えています。

ロマンの都の代名詞 スペイン広場

ロマンの都の代名詞 スペイン広場

image by iStockphoto / 23233421

スペイン広場は、ローマに数ある広場の中でも最も有名だといわれています。
広場の正面にあるスペイン階段は、映画『ローマの休日』の舞台で広く知られるようになり、どの時期に行っても階段に腰掛けるたくさんの観光客を見ることができます。
階段前にある『船の噴水(フォンターナ・デッラ・バルカッチャ)』から階段を見上げると、その先にあるトリニタ・ デイ・モンティ教会とスペイン階段のロマンあふれる風景を眺めることができます。

願いを集める神秘の芸術 トレビの泉

願いを集める神秘の芸術 トレビの泉

image by iStockphoto / 64597103

この噴水に向かって肩越しにコインを投げればもう一度ローマに訪れることができるという言い伝えからここにやってくる観光客の多くはみなコインを投げ入れていきます。
完成は1792年で、建築家ニコライ・サルヴィによって作られたあとローマ・バロックの傑作として名を残しています。
トレビとは「三差路」の意味でその名の通り泉の前には3本の道が通っていて、海神ネプチューン、豊饒の女神ケレス、健康の女神サルースという3人のローマ神が噴水の中をダイナミックに躍動しています。

ローマを一望する展望台 ピンチョの丘

ローマを一望する展望台 ピンチョの丘

image by iStockphoto / 69045557

広大な緑に覆われた巨大庭園、ボルゲーゼ公園と歩道でつながっている小高い丘を登った先にある展望台です。
ポポロ広場へ張り出したテラスからは、サン・ピエトロ大聖堂やサンタンジェロ城など歴史あるローマの街並みを一望することができます。
ローマの七丘の一つに数えられ、観光客はそれほど多くありませんがローマ有数の絶景スポットであるといえます。

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコースならこれ!3選
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
イタリアの観光名所が目白押し?!夫婦の離れた心の変化を描いた映画『イタリア旅行』をご紹介
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選