エジプト・カイロに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。エジプト・カイロでの観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。

エジプトと言えばココ!ギザの3大ピラミッド

エジプトと言えばココ!ギザの3大ピラミッド

image by iStockphoto / 21117992

エジプトと聞いて、おそらく大半の人がイメージするところ。
古代エジプトの王(ファラオ)のお墓で、写真の左手前からメンカウラー王、カフラー王、クフ王のものとされています。
ピラミッドは中にも入れて、ちょっとした冒険気分に浸れます。
ピラミッドは謎の多い建物です。
最も有力とされるファラオの墓という説も、ピラミッドとは別の場所に墓が見つかるなど、今一つ根拠に乏しく、現状では定説がありません。
ちなみに、この写真ぐらい晴天であれば、上空を飛ぶ飛行機の窓からも見ることができます。
写真だと周囲に何もなさそうに見えますが、ちょっとカメラを右に振ってあげれば、普通に街並みが広がっています。

ギザのピラミッドの住所・アクセスや営業時間など

名称 ギザのピラミッド
住所 Pyramid、Giza
営業時間・開場時間 現地時間9~17時
利用料金や入場料 30~60エジプトポンド
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%82%B6%E3%81%AE%E5%A4%A7%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ギザのピラミッドのスポットページ

2本の高いミナレット(尖塔)が特徴のムハンマドアリーモスク

2本の高いミナレット(尖塔)が特徴のムハンマドアリーモスク

image by iStockphoto / 85729891

19世紀半ばにムハンマド・アリーによって建てられたモスク(イスラム教の礼拝堂)。
シタデルという要塞の中にあり、丘の上に建っているため、遠くからも良く見えます。
イスタンブールのモスクを手本に作られ、大きなドーム型の屋根と、2本の高いミナレット(尖塔)が特徴です。
現在でもモスクとして機能していますので、礼拝のある金曜日は中に入れない時間帯があります。
モスクの中に入る時は靴を脱ぎますので、汚れても良い靴下と靴を入れる袋を別途用意しておくと便利です。

ハンマドアリーモスクの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハンマドアリーモスク
住所 Citadel of Saladin, Cairo 11511, Egypt
営業時間・開場時間 9:00~17:00
利用料金や入場料 50E£
参考サイト http://www.touregypt.net/featurestories/muhammadalimosque.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハンマドアリーモスクのスポットページ

ツタンカーメンなどが展示されているエジプト考古学博物館

黄金のマスクで有名なツタンカーメンをはじめ、古代エジプトの遺産の数々が展示されている博物館です。
ものすごいボリュームの展示物で、とても1日では回り切れません。
しかも遺跡は日々発掘されて増えていくので、整理が追いつかないのか、博物館と言うより倉庫のようです。
貴重な文化遺産が、わりと無造作にポンと置かれているので、びっくりするかもしれません。
建物の老朽化に伴い、「大エジプト博物館」に移転する予定ですが、国内情勢が安定せず未だ実現していません。

エジプト考古学博物館 (The Egyptian Museum In Cairo)の住所・アクセスや営業時間など

名称 エジプト考古学博物館 (The Egyptian Museum In Cairo)
住所 CAIRO, EGYPT
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E8%80%83%E5%8F%A4%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エジプト考古学博物館 (The Egyptian Museum In Cairo)のスポットページ

お店びっしり!お土産色々!ハンハリーリー

お店びっしり!お土産色々!ハンハリーリー

image by iStockphoto / 26501619

旧市街にある、世界遺産になっている市場。
土産物店がびっしりと軒を連ねています。
狭い路地もその密度は変わらず、まるでゲームの地下迷宮のようです。
定番のお土産としては、古代エジプトグッツや、香水、民族衣装のガラベイヤ、お茶など。
古代エジプト文字のヒエログリフで、自分の名前を入れたネックレスなども作れます。
金細工工芸品も細かいアラベスク文様が入っていて、美しいですよ。
しかも、全部手作業で彫り込んであります。
基本的に売り物は値札がついてませんので、買うたびにお店の人と交渉する必要があります。
この交渉は結構エネルギーを使うし、ぼったくられることも少なくないので、見学だけする人も多いです。








ハンハリーリーの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハンハリーリー
住所 Al-Azhar Street, Cairo 11511, Egypt
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.egypt.travel/attractions/khan-el-khalili/#_=_
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハンハリーリーのスポットページ

エジプトの繁栄の源、ナイル川

エジプトの繁栄の源、ナイル川

image by iStockphoto / 77184925

世界一長いナイル川。
その豊富な水源は、古代よりエジプトを支えてきました。
かつては、頻繁に氾濫が起こりました。
しかし、水が引いた後に残った土は、肥沃で農作物が良く育つと、重宝がられました。
現在は、遊覧船やヨットが行き交っています。
夏場は川からの風が気持ちいいです。
シシカバブ(羊肉の串焼き)片手に、ビールなどを飲んで楽しむことができます。
ベリーダンスのショーも見られます。
大音量で、超ノリノリに腰を振りまくりです。
でも、トップダンサーは若い娘ではなくて、中年の熟女の方が多いのですよ。

the Nileの住所・アクセスや営業時間など

名称 the Nile
住所 Egypt
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%B7%9D
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

the Nileのスポットページ

エジプト唯一の円形教会。聖ジョージ教会

エジプト唯一の円形教会。聖ジョージ教会

image by iStockphoto / 9503187

旧市街にある、コプト教の聖ジョージ教会。
コプト教はキリスト教の一派です。
イスラム教が圧倒的多数を占めるエジプトですが、約1割はコプト教徒です。
モスクばかり見て飽きた...という時にココを見ると、少し気分が変わって良いかもしれません。
教会ですので、モスクのようなアラベスクもありません。
でも、神様の像や絵、ステンドグラスはあります。
そこだけヨーロッパのような空間です。
コプト教はイスラム教よりも先にエジプトに広まった宗教で、現在のようなイスラム教一色になる以前のエジプトの姿とも言えます。

聖ジョージ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ジョージ教会
住所 Mourad, Giza, Giza Governorate, エジプト
営業時間・開場時間 9~16時
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.patriarchateofalexandria.com/#_=_
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖ジョージ教会のスポットページ

横たわる巨大なラムセス2世像

横たわる巨大なラムセス2世像

image by iStockphoto / 25582011

メンフィスにある博物館に展示されているラムセス2世像。
ちなみに、メンフィスは古代エジプト時代の首都です。
片足の膝から下がないので、横たわる状態で展示されています。
寝仏みたいですね。
全長15mもある大きな像です。
ラムセス2世は古代エジプトでも有名な王として、広く知られています。
実はこの像はもう1体あります。
以前はラムセス駅の駅前広場に設置されていました。
現在は劣化を避けるため、ギザで建設中の博物館の敷地内に移設されています。

次のページでは『ピラミッドが見えたらラッキーなカイロタワー』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アフリカの記事を見る

【エジプト旅行】憧れのピラミッド&神殿巡りで歴史三昧の旅へ!
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
アフリカの歴史に光を!『人類生誕の地』母なる大陸一周の旅へ
マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ