グルメに夜景、藤のトンネルにお参り…福岡旅行でやってみたい6つの体験

福岡県に行ったらやってみたい6つの体験、あなたならどんなプランを計画しますか?自然を満喫?オシャレにプラプラ?どちらも捨てがたいですね!今回おすすめする6つの体験、旅のプランを立てる際の参考になさってください。

美しい藤のトンネルを潜りたい!

美しい藤のトンネルを潜りたい!

image by PIXTA / 22119827

福岡県北九州市八幡東区河内にある「河内藤園」は、昭和52年に開園。
4月~5月にかけて、20種類以上の藤の花が見ごろを迎えます。
二股に分かれた、長さ100mの藤のトンネルと80mのトンネルは、その美しさから「虹のトンネル」とも呼ばれています。

河内藤園の住所・アクセスや営業時間など

名称 河内藤園
住所 福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48
営業時間・開場時間 8時-18時 4月中旬-5月中旬(藤) 11月中旬-12月初旬(もみじ)
利用料金や入場料 料金は変動制(咲き始め、咲き終わり 500円  中間 1,000円  見ごろ 1,500円  高校生以下 無料)
参考サイト http://kawachi-fujien.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

河内藤園のスポットページ

天神様「菅原道真公」にお参りしたい!

天神様「菅原道真公」にお参りしたい!

image by PIXTA / 22836269

福岡県太宰府市にある「太宰府天満宮」には、主に「学問の神」として知られる菅原道真公が祀られています。
至誠、厄除けの神としても人気で、多くの人々が参拝に訪れます。

image by PIXTA / 22127125

福岡、太宰府天満宮にいったら「厄晴ひょうたん」で、願い事や厄払いをおすすめします。
厄が晴れた、願いが叶った、その時には、再度参拝に訪れ、本殿の裏にある「ひょうたん掛所」に、ひょうたんを納めましょう。








太宰府天満宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 太宰府天満宮
住所 福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
営業時間・開場時間 開門時刻 (春分の日-秋分の日の前日迄 6:00 、左記以外 6:30)、 閉門時刻(4月・5月・9月-11月 19:00 、6月-8月 19:30、 12月-3月 18:30)
利用料金や入場料 無料 ( 宝物殿):一般400円 大学生・高校生200円 中学生・小学生100円
参考サイト http://www.dazaifutenmangu.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

太宰府天満宮のスポットページ

能古島で綺麗な風景がみたい!

能古島で綺麗な風景がみたい!

image by PIXTA / 5225287

福岡県福岡市西区、博多湾に浮かぶ「能古島(のこのしま)」は、福岡市から船で10分!気軽に立ち寄れるのに、観光客は比較的少ないという穴場スポットです。

image by PIXTA / 22754243

能古島では、美しい風景をのんびりと楽しむことが出来ます。

能古島の住所・アクセスや営業時間など

名称 能古島
住所 福岡市西区能古島
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E5%8F%A4%E5%B3%B6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

能古島のスポットページ

オシャレな時間を過ごしたい! 門司港レトロ① 

オシャレな時間を過ごしたい! 門司港レトロ① 

image by PIXTA / 23603894

福岡県北九州市門司区にある「門司港レトロ」は、外国貿易が栄えた時代の建造物が中心となった観光スポットです。
風景を楽しみながらお土産探しもいいですね!国土交通省による「都市景観100選」にも選ばれたという、その風景、特に夜景はおすすめです!
次のページでは『焼きカレーも食べたい! 門司港レトロ② 』を掲載!
次のページを読む >>
cafe

Writer:

主婦、二児の母。文章を書くことが好きで、ライターというお仕事を通して様々な知識を蓄え中。私が世界で一番住んでみたいところは、絵本の世界のような、フランスのコルマール。いつの日か、コルマールのような素敵な街に移住するぞ!という夢をみながら、世界中の街を知るためネットサーフィンするのが趣味。そんな私の記事が、1人でも多くの方の旅の参考になれば幸いです。

この記事のカテゴリ

九州
国内
福岡県
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

九州の記事を見る

長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
きっとまた行きたくなる!由布院温泉の成り立ちと歴史的スポット
豊臣秀吉も認めた名武将・鍋島直茂と「鍋島化け猫騒動」
「温泉」=「うんぜん」?!歴史ある良泉リゾート・雲仙温泉の魅力とは
雷を切って捨てた闘将・立花道雪、常に戦場にその姿あり「軍神」と称えられる
高橋紹運の忠義街道一直線。これぞサムライのあるべき姿!敵将にもその死を惜しまれた名将
【奄美大島】歌いながら屋根を倒す!? 450年の歴史を誇るディープなお祭り「秋名アラセツ行事」ツアー体験記【PR】
西南戦争ってどんな戦争だったの?九州南部全域を巻き込んだ、近代最後で最大の内乱
日本屈指の巨大天守閣は圧巻!白亜に輝く名城「島原城」を訪ねて
玄界灘を望む麗しき海城「唐津城」の歴史と見どころをご紹介!
島津義久の大将としての器とは?島津家を九州最強の戦国大名に押し上げた人物