新幹線で行こう!函館市の観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。北海道・函館市の観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

函館山ロープウェイで素晴らしい景色を眺望

函館山ロープウェイで素晴らしい景色を眺望

image by iStockphoto / 94944685

目の前に素晴らしい景色が広がる函館山の山頂へこの函館山ロープウェイで行けます。
料金は大人往復1、280円で、2016年9月1日現在で山麓駅から山頂駅まで、ロープウェイは5分間隔で運行されています。
ゴンドラは125人乗りで山頂までの所要時間は約3分です。
山頂の駅には、レストランやティーラウンジもあり夜景を見ながらのひと時が楽しめます。
山麓、山頂駅には共にギフトショップもあります。
大晦日にはカウントダウンイベントもあり、寒さにもかかわらず多くの人々でにぎわっています。

函館山ロープウェイの住所・アクセスや営業時間など

名称 函館山ロープウェイ
住所 北海道函館市元町19-7
営業時間・開場時間 10:00~22:00(10/16~4/24は21:00まで)
利用料金や入場料 大人往復1280円、小人往復640円(団体など各種割引あり)
参考サイト http://www.hakobura.jp/db/db-fun/2014/07/post-126.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

函館山ロープウェイのスポットページ

朝早くからにぎわう朝市

朝早くからにぎわう朝市

image by iStockphoto / 61123154

写真は2015年10月25日に撮影された、朝早い5時から地元の人々や観光客でにぎわうとても有名な函館の朝市です。
函館市民の台所でもある朝市には写真のようなたくさんの食品売り場や食堂、農産物など多くの店が立ち並び、地元民や観光客で常ににぎわっています。
新鮮な海の幸を堪能出来る「どんぶり横丁市場」もあり、いろいろな美味しい新鮮な海の幸を食べることが出来ます。
函館のグルメと観光には欠かせないスポットとなっています。
朝市はJR函館駅からすぐ近くにあり、アクセスも便利です。

函館朝市の住所・アクセスや営業時間など

名称 函館朝市
住所 北海道函館市若松町9番19号(函館朝市協同組合連合会事務局。どんぶり横丁市場2F)
営業時間・開場時間 5:00~14:00過ぎ(店舗により異なる/1月~4月は6:00~)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.hakobura.jp/db/db-shopping/2011/03/post-10.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

函館朝市のスポットページ

レトロな雰囲気の路面電車「箱館ハイカラ號」

レトロな雰囲気の路面電車「箱館ハイカラ號」

image by iStockphoto / 69153785

2015年5月8日に撮影されたこの写真は、函館を訪れたら是非乗ってみたい路面電車(函館市電)です。
写真は、函館市が運営する函館市電の中でレトロな雰囲気の「箱館ハイカラ號」です。
毎年4月上旬か中旬から10月末まで運行しています。
箱館ハイカラ號の運転士と車掌も車両に合ったレトロな制服を着ています。
のんびり函館の景色を眺めながら目的地まで行けます。
点検の為に運休する曜日があるので、観光で乗る場合は事前に確認することが必要です。
「箱館ハイカラ號」とは対照的な現代的な「らっくる号」という車両もあります。

箱館ハイカラ號の住所・アクセスや営業時間など

名称 箱館ハイカラ號
住所 北海道函館市東雲町4番13号
営業時間・開場時間 路線による
利用料金や入場料 2kmまで : 大人210円 小児110円
参考サイト http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

箱館ハイカラ號のスポットページ

楽しいイカのマンホールの蓋

楽しいイカのマンホールの蓋

image by iStockphoto / 52845706

函館市のマンホールの蓋です。
カラーでイカの絵が描かれていて、見つけると思わず笑ってしまいそうな愛嬌のある可愛らしいデザインです。
イカは平成元年に函館市の魚に指定されました。
他に、五稜郭やタコの絵のカラーマンホールの蓋もあり、函館市内を散策しながらカラーマンホールの蓋を見つけるのも観光客の楽しみとなっています。
函館市によると、カラーマンホールは観光客が多い観光スポットの9箇所に設置されているようなので見つけやすいようですが、冬になるとカラーから無色の物に変わるそうです。








イカのマンホールの蓋の住所・アクセスや営業時間など

名称 イカのマンホールの蓋
住所 公式サイトURLを参照
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2016082300073/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イカのマンホールの蓋のスポットページ

近代的且つノスタルジックな金森倉庫

近代的且つノスタルジックな金森倉庫

image by iStockphoto / 25292922

2012年10月25日に撮影された、イルミネーションがとても美しい金森赤レンガ倉庫です。
函館港は1859年に日本では最初の国際貿易港の1つとして開業しました。
金森赤レンガ倉庫はその頃からシンボルとして残されています。
現在は近代的な商業施設となり、「BAYはこだて」「金森洋物館」「函館ヒストリープラザ」「金森ホール」という4つの施設があります。
近代的でありながらもノスタルジーも感じられます。
レストランや洋物館、いろいろなお店やイベントホールもあり、常に人々でにぎわっています。
JR函館駅からは市電と徒歩で約7分ととても近く、観光客のアクセスも便利です。

金森赤レンガ倉庫の住所・アクセスや営業時間など

名称 金森赤レンガ倉庫
住所 北海道函館市末広町14番12号
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.hakodate-kanemori.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

金森赤レンガ倉庫のスポットページ

ツタとレンガのはこだて明治館

ツタとレンガのはこだて明治館

image by iStockphoto / 99247249

はこだて明治館は1911年に函館郵便局として建てられました。
その後1986年にショッピングモールとなり現在に至っています。
赤レンガにツタがからまり、窓枠もアーチの形で歴史を感じさせる建物です。
館内にはガラス製品やオルゴール等のお土産店の他に、自分だけのオリジナルのオルゴールを作ることが出来るオルゴール体験が出来る工房(要予約)もあります。
2階にはテディベアミュージアム(有料)もあるので、大人だけではなく子供も可愛いぬいぐるみに囲まれた夢の世界を楽しむことが出来ます。

旧函館郵便局(はこだて明治館)の住所・アクセスや営業時間など

名称 旧函館郵便局(はこだて明治館)
住所 北海道函館市豊川町11-17
営業時間・開場時間 10:00~18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.hakobura.jp/db/db-view/2011/04/post-55.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旧函館郵便局(はこだて明治館)のスポットページ

歴史的な五稜郭

歴史的な五稜郭

image by iStockphoto / 96992027

写真は桜の咲く時期の五稜郭です。
五稜郭は、江戸時代の終わり頃に幕府によって北の方面の警備を目的として造られた日本で最初の西洋式の城塞です。
その星形の五角形の形から五稜郭と呼ばれ、1952年に国の特別史跡に指定されました。
江戸幕府が崩壊した後の箱館(函館)戦争の舞台となった五稜郭ですが、今は人々に解放されてとても人気のある観光スポットとなり、桜の名所として知られています。
函館市は五稜郭の大きさを東京ドームの3倍程だと公表しています。
五稜郭に隣接した五107mの五稜郭タワーには展望室があり、函館の素晴らしい眺めを一望出来ます。
次のページでは『函館人気グルメの塩ラーメン』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

北海道の記事を見る

すすきので居酒屋ならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP5
すすきのディナーならここ!皆に聞いた美味しかったレストラン・飲食店ランキングTOP10
大通公園周辺ディナーならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP5/北海道グルメ情報
大通公園周辺ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP6/北海道グルメ情報
函館ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP8/北海道グルメ情報
子供も大人も大喜び!馬と自然の新感覚テーマパーク、ノーザンホースパークに行ってみた!
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
札幌観光ならここ!見どころをざっくりご紹介
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
抜群の透明度!初夏の支笏湖をカヤックで進む
えりも発!シーカヤックでアザラシの赤ちゃんに逢いに行く
激走!知床~釧路「よい景色と美味しいものを目指して」