日本人建築家が復興に関わったマケドニアの「スコピエ」で見ておきたいスポット10選

日本からウィーンなどを経由し約17時間、バルカン半島に位置するマケドニア共和国の首都スコピエ。長くバルカン半島における交通の要所として発展したこの街は1963年の大地震で破壊。この地震からの復興に日本の建築家・丹下健三が関わったことから、スコピエには親日家の地元民が多くいることで知られています。スコピエのおすすめスポットをご紹介します。

15世紀完成の街の象徴・カメンモスト

15世紀完成の街の象徴・カメンモスト

image by iStockphoto / 101073661

スコピエを流れるヴァルダル川にかかる、マケドニア語で「石の橋」を意味する橋。
1469年にオスマン帝国ムラト2世により建設されサイズは幅6m、長さ214m。
1963年に街の大部分が破壊されたスコピエ震災でここも大きな被害を受けましたが修復。
現在までスコピエの象徴とされており、スコピエ市の旗にも描かれるほど人々に認知されてきました。
夜のライトアップでは眩しいくらいの光を放ち、その中を歩くのも良いでしょう。
この橋を渡りきるとアレキサンダー大王像が建つ街の中心地・マケドニア広場へと到着します。

image by iStockphoto / 67671077

カメンモストの住所・アクセスや営業時間など

名称 カメンモスト
名称(英語) Kamen Most
住所 Skopje
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Stone_Bridge_(Skopje)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カメンモストのスポットページ

山頂にそびえ立つ巨大十字架・ミレニアムクロス

山頂にそびえ立つ巨大十字架・ミレニアムクロス

image by iStockphoto / 27677059

登山者やハイカーでにぎわうスコピエ市民憩いの場・ボドノ山の山頂に立つ大きなモニュメントで、山の中腹までは市内からバスで行くことができます。
モニュメントはキリスト教の2000年を祝って建設されたもので、高さ66mは十字架としては世界最大級。
華美な装飾がなく鉄骨がむき出しになった無骨な雰囲気ですが夜はライトアップで美しく照らされ、その姿はスコピエ市内のどこからでも見ることができます。
山頂から眺めるスコピエの街は絶景で、ぜひ見ておきたいところ。







ミレニアムクロスの住所・アクセスや営業時間など

名称 ミレニアムクロス
名称(英語) Millennium Cross
住所 Vodno Mountain, Skopje, Republic of Macedonia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.com/Attraction_Review-g295110-d2328274-Reviews-Millennium_Cross-Skopje_Skopje_Region.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ミレニアムクロスのスポットページ

活動の足跡がわかる・マザーテレサ記念館

活動の足跡がわかる・マザーテレサ記念館

image by iStockphoto / 57479318

マケドニア広場からマケドニア門へいく方向にある、世界的な慈善活動家マザー・テレサの記念館。
2009年オープンの新しい建物で記念館は2階、幼少時の写真からその後の活躍を時系列に展示してあり、資料や本でも彼女が残した足跡をたどることができます。
3階には礼拝堂が設けられており観光客も見学可能、光が差し込む美しいガラスが美しくバリアフリーにも配慮されています。
アルバニア系カトリックの家庭に生まれ18歳までスコピエで過ごしたテレサの生家跡地が記念館の近くにあり、時間のある方はそちらにも足を運んでみては。

image by iStockphoto / 102324511

次のページでは『入場前から鑑賞気分に・考古学博物館前の橋』を掲載!
次のページを読む >>