首都圏で宮崎を食す!恵比寿と浦安で『宮崎フェア』開催中

千葉県浦安市にある東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートで2017年1月13日(金)から3月23日(木)の間、東京都渋谷区恵比寿のビヤステーション恵比寿で2017年2月1日(水)から28日(火)の間、”太陽の街”宮崎産の食材をふんだんに使ったメニューが登場する、みやざき食材プロモーション『宮崎フェア』が開催されています。これは宮崎県で育まれた肉や魚、野菜、果物などの食材を活かした創作料理や、冷や汁などの郷土料理が両施設で提供されるというもの。

温暖な地域でストレスなく育った食材を一流のシェフがどのような料理に仕上げるのでしょうか?その詳細を追ってみたいと思います。

宮崎フェアの概要

image by PIXTA / 15731303

宮崎地鶏、宮崎牛、完熟マンゴー、日向夏、麦&芋焼酎など宮崎には特産品と呼ばれる食材が数多くあります。
このことは2007年、当時の県知事・東国原英夫(そのまんま東)氏が「宮崎をどげんかせんといかん」というフレーズを広めると同時に特に首都圏には積極的に宮崎県の特産品をPRしてきたことから世間への認知度は徐々に高まってきているところです。

これまでも様々な形で宮崎県の食材が紹介されるイベントは開催されてきました。
そして今年2017年の最初のPRイベントが今回の「宮崎フェア」です。
このフェアでは特産品をそのまま紹介するのではなく、消費者の口に入る寸前…つまり「料理」となって紹介されるもの。
より宮崎県産の食材の良さが伝わるイベントなので注目です。

【開催地情報】

会場:ダイニングスクエア「ジ・アトリウム」(東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート)

場所:千葉県浦安市舞浜1-7

期間:2017年1月13日(金)~3月23日(木)

http://www.tbm-clubresort.jp/event/id=470

会場:ビヤステーション恵比寿

場所:東京都渋谷区恵比寿4丁目20-4

期間:2017年2月1日(水)~28日(火)

http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/culture/events/95919.html

宮崎フェアin東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

92918:宮崎フェアin東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

写真/宮崎市役所

さて、各地の宮崎フェアでどのような催しがされているのか紹介していきましょう。

まずは千葉県浦安市にある”東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート”で開催されている宮崎フェアについて。

ここではホテル内のダイニングスクエア「ジ・アトリウム」で”四季の旬感バイキング”をテーマに、宮崎県産の季節の食材を使った創作料理が登場します。
その中の一部を紹介すると…?

◆宮崎牛と宮崎伝統野菜佐土原茄子のマリアージュ

◆宮崎県奥日向サーモンと大隅はまぐり、野菜入りブールブランソース

◆宮崎県奥日向サーモンと日向夏の爽やかマリネ 日向夏のオリーブライスとピールを添えて

◆宮崎県産“アカバナ”のカルパッチョ仕立て 日向夏と燻製マヨネーズのアクセントで

◆宮崎県日向鶏と宮崎金柑のフリカッセ

◆宮崎名物「冷や汁」

いかがでしょうか?オール宮崎の素材は一流の技術によって見違えるほどの芸術品に生まれ変わり、和洋中のバラエティ豊かなメニュー約60種類とともにライブキッチン・オードブル・温製料理・デザート・フルーツの中に散りばめられています。
ほかにもローストビーフや寿司、天ぷら、サラダバーも充実し、お腹もいっぱい満足心もいっぱいですよ♪

さらに、期間中ホテル館内には様々な願い事の紙縒りを結び、心願成就を祈念する宮崎・青島神社元宮の「産霊紙縒(むすひこより)」が設置されるため、食べ終わった後は館内を散策して宮崎を体験してみてくださいね。

宮崎フェアinビヤステーション恵比寿

92920:宮崎フェアinビヤステーション恵比寿

写真/宮崎市役所

続いて東京都渋谷区恵比寿にある”ビヤステーション恵比寿”で開催されている宮崎フェアについて。
このビヤステーションはガーデンプレイス内にあり、ヱビス生をはじめ、サッポロ生、ヱビスプレミアムブラック、ハーフ&ハーフ、 琥珀ヱビスなど豊富なヱビス商品がラインナップ。
大型円形テーブルがある室内席・ 全天候型の明るいバルコニー席・オープンエアーのテラス席で構成されている、まさに「都会のオアシス」。
そんなビヤステーションで提供されている宮崎メニューは以下の通りです。

◆小松菜と桜海老のフォー

◆フカフライ 

◆和牛と黒豚のハンバーグサンド

◆西米良サーモンのムニエル

◆黒皮かぼちゃの唐揚げ

◆ベリーロールハムのカナッペ

◆スイーツ王国みやざき

こちらの料理もビールにピッタリの創作料理。
ビールを飲む手が止まりませんね。
特にフカフライのフカとは「サメ」のこと。
四国や九州の南部ではサメを食べる文化がありますが、首都圏では中々お目にかかれない食材。
タンパクな味ながら触感はプリプリ。
ぜひお召し上がりくださいね♪

宮崎産「完熟キンカンたまたま」を使ったハッシュタグキャンペーン

92921:宮崎産「完熟キンカンたまたま」を使ったハッシュタグキャンペーン

写真/宮崎市役所

恵比寿ビヤホールに週末訪れたお客さん限定で、宮崎県産「完熟キンカンたまたま」をお帰りの際に配布。
インスタグラムに「#恵比寿たまたま」のハッシュタグをつけて投稿すると、抽選で10名に「完熟キンカンたまたまエクセレント」(直径3.3cm以上、糖度18度以上の厳選完熟キンカン)がプレゼントされるイベントが開催されているので積極的にご参加ください。

ちなみにこの完熟キンカンたまたま。
選ばれた果実のみを大切に育てた温室育ちのエリート達なんですよ♪加工用に比べ大きくて甘く、生のまま美味しく食べられます。
さらにガン抑制の効果があるといわれるβ-クリプトキサンチンを多く含むなど健康にも良いとされている逸材。
お値段はもちろん安価ではないので、キャンペーンに参加すれば無料でGETできるチャンスです!







動画でもPR~完熟キンカンたまたま

92923:動画でもPR~完熟キンカンたまたま

写真/宮崎市役所

宮崎県の特産品は動画でもPRされています。
まずはメロンと並ぶ糖度を誇る宮崎のブランド「完熟キンカンたまたま」。
温室で優れたキンカンだけを丁寧に手摘みする様子や、生で食べても美味しい「たまたま」を活かしたスイーツやサラダなど、女性や子供も喜ぶアレンジが楽しめるメニューをお洒落に紹介しています(放映時間:40秒)

URL: https://letronc-m.com/1179

動画でもPR~ご当地グルメ

92924:動画でもPR~ご当地グルメ

写真/宮崎市役所

続いて紹介する動画は「地鶏」「伊勢海老」「宮崎牛」など、宮崎を訪れたら必ず行きたいおすすめのご当地グルメのセレクト動画。
南国のような温暖な気候で育った栄養たっぷりの豊富な食材がいっぱい映像に溢れますよ♪(放映時間:60秒)

URL: https://letronc-m.com/1180

動画でもPR~観光スポット

92925:動画でもPR~観光スポット

写真/宮崎市役所

太陽の恵みをいっぱい浴びて南国感あふれる宮崎市。
特に一大観光地となっているのは周囲約1.5㎞の「青島」。
小さい島ですが、そこでできる充実したアクティビティはとても1日では回りきれないほど。
そんな「青島」について、単に観光地としての紹介だけでなく、旅先として訪れた際の楽しみ方を紹介する映像です(放映時間:42秒)

URL: https://letronc-m.com/1181

次のページでは『宮崎県の太陽の恵みをぜひお召し上がりください』を掲載!
次のページを読む >>