日本の渚100に青春感じる…愛知県「千鳥ヶ浜」の絶景やレジャーまとめ

日本の中部・東海地方に位置し、地方の文化・経済の中心都市になっている愛知県。県内の観光スポットには最大都市である「名古屋市」にある歴史的スポットや最新スポット、市外にある自然や絶景スポットなど、その見どころは多岐にわたります。今回はその愛知県の観光スポットから「千鳥ヶ浜」を見てみましょう。

県内有数の海水浴場「内海海水浴場」の中心スポット

県内有数の海水浴場「内海海水浴場」の中心スポット

image by iStockphoto

千鳥ヶ浜 (ちどりがはま)は愛知県の西部・知多半島の伊勢湾に面した場所にある海岸で、現在では海水浴場「内海海水浴場」の中心スポットに。
明治時代に海水浴場としての歴史が始まって以降は県内有数の海水浴場として親しまれており、年間で約40万人の人がここで夏を楽しんでいます。
約2kmにもなる海岸線や弓状に続く美しい砂浜、水質の良さから平成8年(1996年)には「日本の渚百選」に選定。
自然が多く残る環境にあり、周辺には屋外アトラクションが人気のレジャー施設、味覚狩りの施設などでも楽しめます。

千鳥ヶ浜の住所・アクセスや営業時間など

名称 千鳥ヶ浜
住所 愛知県知多郡南知多町内海西郷
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://utsumikannkou.main.jp/umi/kaisuiyoku.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

千鳥ヶ浜のスポットページ

名古屋からは電車で約50分

名古屋からは電車で約50分

image by iStockphoto

千鳥ヶ浜へは公共交通機関、車でのアクセスになります。
公共交通機関では「名古屋鉄道・知多新線」の「内海駅」下車徒歩15分。
名古屋駅・金山駅からは「河和線」でも行くことができますが、途中で「阿久比(あぐい)駅」か「富貴(ふき)駅」で乗り換えが必要。
車では「南知多道路・南知多IC」から約10分、その他「河和駅」または「内海駅」からコミュニティバス「海っ子バス」で「内海経由師崎港行き」に乗り「内海海岸」バス停から徒歩5分でも行けます。

image by iStockphoto

image by iStockphoto








image by iStockphoto

内海駅から見える光景も見てみよう

電車で行き「内海駅」に着いた際はホームから見える光景も見てみましょう。
名古屋から約50分かけて着いたこの駅から見えるのは、周りを緑に囲まれた風景。
夏場の海水浴時には多くの観光客で混雑することもありますが、基本的にはのどかな時間が流れる場所。
駅の高架下には海の幸などを揃える食堂もあり、ゆったりした雰囲気を感じながら向かってみても良いでしょう。

内海駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 内海駅
住所 愛知県知多郡南知多町大字内海字先苅171−4
営業時間・開場時間 6:00−20:00
利用料金や入場料 名鉄名古屋駅〜内海駅 1,110円
参考サイト http://www.meitetsu.co.jp/train/station_info/line07/station/2416.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

内海駅のスポットページ

果てしなく続く砂浜を歩いてみる

千鳥ヶ浜の光景をじっくり見たあとは、周辺を歩いて回ってみましょう。
じっと海の光景を見ているだけでも癒しになりますが、周辺を歩いてみれば白い砂浜が果てしなく続く光景を見ることもでき、その光景は時間を忘れさせてくれることでしょう。
また周辺に多くのホテルなどがあることから、宿泊した際には朝の光景を見ることも可能。
朝の浜辺を散歩で歩いてみると、人のいない静か時間が流れる美しい光景が見られます。
周辺で宿泊する際はぜひ1日のスタートに散歩してみては。
次のページでは『自然で体を動かして遊ぶ「南知多グリーンバレー」』を掲載!
次のページを読む >>