「天下第一の桜」はやはり凄かった!一生に一度は見るべき!「信州伊那高遠さくら祭り2017」

全国的にも有名で人気の高い信州伊那「高遠城址公園のさくら」。古くから「天下第一の桜」と言われ「さくら名所100選」にも選ばれています。園内には約1,500本もの高遠の固有種「タカトオコヒガンザクラ」が咲き誇ります。満開時には公園全体が薄紅色に染まります。毎年国内外からも20万人以上の人々が訪れ、ソメイヨシノとはまた違ったさくらの美しさに魅了されます。ここに来た誰しもが感動を覚えるに違いない!と思われる程。一生に一度は訪れたい信州の絶景スポットの一つです。今回は「信州伊那高遠さくら祭り2017」をご紹介します。

高遠城址公園北ゲート前

96669:高遠城址公園北ゲート前

撮影/橋詰 真紀

信州在住、旅ライターの橋詰真紀です。
2017年長野県のさくらを追いかけ「さくらゲッター!」になりつつある私。
上田、松本とさくら取材第3弾。
今回はあの「天下第一の桜」高遠城址公園からです。
桜の名所として全国に名を轟かせている高遠のさくらは、一生に一度は行って欲しいと思う程の美しさ!実は私自身も高遠に来るのは久しぶり!

天下第一の桜碑

96651:天下第一の桜碑

撮影/橋詰 真紀

この日は朝9時に高遠に到着。
天気も良く絶好のお花見日和。
最も近い駐車場の入口北ゲートから入ります。
入口付近には「天下第一の桜碑」が迎えてくれます。
ところで「天下第一」ってどういう意味??天下第一とは、全国または全世界に並ぶものがないほど優れている事。
なるほど!高遠の桜はワールドワイドで優れた桜!という事ですね。

人気スポット「桜雲橋(おううんきょう)」

96674:人気スポット「桜雲橋(おううんきょう)」

撮影/橋詰 真紀

まさに桜の雲の上にいるような気分になる、人気スポット「桜雲橋(おううんきょう)」。
96672:

撮影/橋詰 真紀

「桜雲橋(おううんきょう)」の上から見た桜。
桜がいっぱい!下の通路が良く見えないぐらい。
さすが「天下第一」ワールドワイドな桜!美しすぎます。






96639:

撮影/橋詰 真紀

橋の上から桜を望む。
この橋の上も、時間が経つにつれて人がいっぱいになってきました。

2017年は4月18日に桜が満開

96637:2017年は4月18日に桜が満開

撮影/橋詰 真紀

今年高遠の桜の開花宣言は4月10日。
4月18日には満開を迎えました。
ここ数年は開花が早く4月初めに開花宣言がされ、中旬には散り始めるといった様子でした。
今年のさくら祭りでは4月1日からたくさんのイベントが開催されましたが、少しだけ桜の開花時期とずれ込んでしまったようです。
イベントの中で熱気球の上から桜が見られるというものがあったのですが、残念ながら先週終了。
自然を相手にするものなので仕方ないですよね。

「タカトオコヒガンザクラ」は高遠にしかない固有種の桜なのです!

96634:「タカトオコヒガンザクラ」は高遠にしかない固有種の桜なのです!

撮影/橋詰 真紀

「タカトオコヒガンザクラ」は、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みのある花。
ピンクの色合いがとてもきれいでかわいい!園内には約1,500本もの桜があり、古くから「天下第一の桜」と称され、全国的に有名で「さくら名所100選」にも選ばれています。
樹林は「県の天然記念物」です。
満開時には公園全体が薄紅色に染まり、白いソメイヨシノとは一味違った桜を楽しめます。
しかも高遠にしかない固有種。
次のページでは『桜の色によって木の年齢がわかる?!』を掲載!
次のページを読む >>