日本の小京都、栃木県「足利」で巡りたい!観光スポット5選

「東の小京都」と称される栃木県・足利の街は、日本最古の「足利学校」や足利氏の氏寺など数多くの寺社仏閣、古い建物の残る趣ある街並みなど魅力満載です。そんな足利を訪れたらぜひ足を運びたいスポットを5選紹介します。
栃木観光の決定版はこれ!地元民が教える栃木観光の見どころやモデルコース
栃木の温泉といえば「鬼怒川温泉」。鬼怒川温泉の魅力を地元民がたっぷり紹介

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

若者たちが勉学に励んだ・足利学校

かのフランシスコ・ザビエルが、「日本国の中で最も大きく最も有名な坂東の大学」と呼んだのが足利学校でした。
最盛期には3000人に及ぶ学生が、志や夢に向かって一生懸命勉学に励んでいました。
現在残っている方丈は復元されたもので、一般客も立ち入りや漢字テストを受けることも可能。
かつて足利学校で学んだ学生に思いを馳せながら、知恵比べをしてみるのも楽しいですね。

季節ごとに異なる魅力・鑁阿寺

室町幕府を開いたことで有名な足利尊氏。
足利は、そんな彼を代表する足利氏の本拠地として栄えました。
街の中心部には中世に建てられた足利氏の邸宅跡が残っており、その敷地は現在鑁阿寺となっています。
駅から続く門前町を抜けると、1564年建造の太鼓橋と山門が出迎えてくれ、城郭のように堀に囲まれた敷地は特徴的で、有名武家の邸宅跡だったことが伺い知れますね。
鑁阿寺の本堂は和様と禅宗様が折衷された様式で建てられており、この点が高い評価を受け、国宝にも指定されました。






藤棚が咲き誇る姿は圧巻・あしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパークでは、8つのテーマに分かれた四季折々の庭園が楽しめます。
広大な園内には数百種類もの花や木々が咲き誇り、特に人気なのが、日本最大規模の藤の庭。
大藤棚や八重藤棚、白藤のトンネルなど、350本の藤が枝垂れ咲き誇る様子は圧巻の一言です。
また関東で最大規模のイルミネーションでも知られ、煌びやかなデートスポットとしても知名度が高まっています。

七夕伝説と夜景を眺めて・足利織姫神社

石段を登り切った織姫山の中腹に位置し、栃木県の素敵な夜景スポットとして「日本夜景遺産」にも登録されている足利織姫神社。
足利織物の神様が祀られていることから産業の守護神として、また1300年もの歴史を誇る縁結びの神様としても親しまれています。
そのため恋人たちの聖地として若い女性やカップルに人気です。
自然ハイキングコースのスタート地点にもなっており、春は桜、秋は美しい紅葉が楽しめるため、ハイキングを楽しむ人の姿も見られます。
足利の街に灯る灯りを眺めながら、織姫山に伝わる七夕伝説に思いを馳せるのもロマンチックですよ。
次のページでは『地元ワインが楽しめる・ココ・ファーム・ワイナリー』を掲載!
次のページを読む >>