夏の京都といえば「祇園祭」!日本最大祭りの1つ「祇園祭」まとめ

今回ご紹介するのは、京都、祇園祭です。日本三大祭り、京都三大祭り、などにも含まれる有名な祭、聞いたことはあるけれど、行ったことがない、そんな方もいるのでは?海外からの観光客にも人気、京都の夏の風物詩「祇園祭」は、日本人なら一度は行きたい祭りです。

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30






祇園祭ってどんなお祭り?

祇園祭ってどんなお祭り?
祇園祭は、京都市東山区の八坂神社(祇園社)の祭礼で、明治までは「祇園御霊会(御霊会)」と呼ばれていました。
貞観年間(9世紀)より続き、京都の夏の風物詩として、7月1日から1か月間もの長い期間行われるお祭りです。

祭行事は八坂神社が主催するものと、山鉾町が主催するものに大別される。
一般的には山鉾町が主催する行事が「祇園祭」と認識されることが多く、その中の山鉾行事だけが重要無形民俗文化財に指定されている。
山鉾町が主催する諸行事の中でもハイライトとなる山鉾行事は、山鉾が設置される時期により前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)の2つに分けられる。
山鉾行事は「宵山」(よいやま、前夜祭の意。
前祭:7月14日〜16日・後祭:7月21日〜23日)、「山鉾巡行」(前祭:7月17日・後祭:7月24日)が著名である。
八坂神社主催の神事は「神輿渡御」(神幸:7月17日・還幸:7月24日)や神輿洗(7月10日・7月28日)などが著名で、「花傘連合会」が主催する花傘巡行(7月24日)も八坂神社側の行事といえる。
 Wikipediaより

祇園祭 名前の由来は?

祇園祭 名前の由来は?
祇園祭」という名は、八坂神社が神仏習合の時代に、比叡山に属して祇園社と呼ばれていたことに由来するそうです。
祇園社の祭神の牛頭天王が、仏教の聖地である「祇園精舎」の守護神であるとされていたため、祇園神とも呼ばれ、神社名や周辺の地名も祇園となり、祭礼の名も「祇園御霊会」となった、とのこと。
その後、明治維新による神仏分離令により神社名が「八坂神社」となった時に、祭礼名も仏教色を排除するため「祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)」から「祇園祭」に変更されたそうです。

祭りのそもそもの目的は?

祭りのそもそもの目的は?
863年(貞観5年)、疫病が流行ったため、朝廷は神泉苑で初の御霊会(ごりょうえ)を行いました。
なぜなら、「疫病も恨みを現世に残したまま亡くなった人々の怨霊の祟りである」と考えられていたためで、御霊会をとりおこなう事で、疫神や死者の怨霊などを鎮めなだめようとしたのです。
しかし、その後も疫病の流行が続いたために、牛頭天王を祀り、御霊会を行って無病息災を祈念したのです。

※牛頭天王(ごずてんのう)は日本における神仏習合の神様で、釈迦の生誕地に因む祇園精舎の守護神です。







7月1日、準備段階からお祭りは始まる

7月1日、準備段階からお祭りは始まる
7月1日、祭りの始まり。
この日「吉符入」といって、各山鉾町ごとに(日付が異なるが)5日までに行われます。
こちらは、多くが一般非公開だそうです。
各山鉾町関係者が集まって祭の無事を祈願します。
そして「長刀鉾町お千度」、稚児が、沢山の関係者を従えて3回本殿を回ったあとに登殿参拝し、稚児に選ばれたことを奉告し、祭の無事を祈ります。
3回本殿を回るだけですが、300人以上の人を従えているので、延べ千度回ったと解釈し「お千度」というそうです。
現在は、300人もの供を従えてはいませんが、旧例に従っているんだとか。

7月2日、「くじ取り式」(山鉾の巡行順をくじ引きによって決める儀式)が行われ、くじ取り式を終えた山鉾町の代表者が、八坂神社に向かい本殿でお祓いを受けることから、その年のお祭りの準備がどんどん進みます。
祇園祭は、一般非公開の準備から、すでに始まっているんですね。

祇園祭の主な7つの行事

祇園祭の主な7つの行事
長い期間開催される祇園祭。
非公開の物もあり、一体いつ観に行けばいいの?祇園祭には主に以下の行事があります。

7月1日のくじ取り式から始まり、鴨川の水で行う神輿洗い、3日間程かけての鉾建て・山建て・曳き初めがあり、7月14日には、中之町御供(古式一里塚松飾式とも言う)が行われ、山鉾からは祇園囃子のコンチキチンという独特の節回しが聞かれる「宵山期間」。
7月17日からは祇園祭のハイライト「山鉾巡行」が行われます。
また、八坂神社から中御座神輿(なかござみこし)、東御座神輿(ひがしござみこし)、西御座神輿(にしござみこし)の大神輿3基に召した神々が、各氏子町を通って渡る神事「神幸祭・還幸祭(神輿渡御)」、花傘巡行も見どころです。

※もっと細かな日程が知りたい方は、京都市観光協会HPにてご確認ください。

祇園祭りのハイライト!山鉾巡行を見るポイント

祇園祭りのハイライト!山鉾巡行を見るポイント
  • 各山鉾町から出発地点 通りに人が比較的少なく穴場。
  • 四条通 四条通は2015年から歩道の幅が広がり、早くから待っていれば山鉾に近いところから観覧できる可能性があるそうです。
  • 御池通 写真を撮るならここ。
    ただし前祭では、ほぼ全区間に有料観覧席が設置されるので、一般客はその後ろからとなり、山鉾までの距離が非常に遠くなるとか。

※山鉾は、その形から5つに分類されるそうで、数の多い順に「舁山(かきやま)」「鉾(ほこ)」「曳山(ひきやま)」「船鉾(ふねほこ)」「傘鉾(かさほこ)」と呼ばれます。
重さは(装飾と含め)1.2t程の物から12t程の物まで様々あります。

次のページでは『お祭りグルメも忘れずに!』を掲載!
次のページを読む >>
cafe

Writer:

主婦、二児の母。文章を書くことが好きで、ライターというお仕事を通して様々な知識を蓄え中。私が世界で一番住んでみたいところは、絵本の世界のような、フランスのコルマール。いつの日か、コルマールのような素敵な街に移住するぞ!という夢をみながら、世界中の街を知るためネットサーフィンするのが趣味。そんな私の記事が、1人でも多くの方の旅の参考になれば幸いです。

この記事のカテゴリ

京都
国内
街・都市

関連記事を見る

京都の記事を見る

京都観光で絶対おすすめ和食・料亭ならここ!京都に年100回通った筆者が決めたランキングTOP30
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
築地市場近くのあの建物は何?知っておきたい築地本願寺の今と昔
京都観光前に知りたい「醍醐寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「建仁寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都デートならここ!京都で結婚した私が教える、定番&穴場スポット50選+α
京都観光前に知りたい「知恩院」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「天龍寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
京都観光前に知りたい「高台寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?
戦うお坊さんは大名よりも強し!信長を手こずらせた顕如と石山本願寺のハンパない強さ
伏見城の今と昔を辿る。豊臣が築き家康が再興した幻の城
京都観光前に知りたい「仁和寺」の基礎知識。外せないおすすめポイントは?