ジャズが生まれた街!アメリカ・ニューオーリンズで見るべき観光スポット10選

ルイジアナ州南部に位置するニューオーリンズは、アメリカ屈指の音楽の街として名高いスポットです。特にニューオーリンズといえばジャス発祥の地として有名ですよね。今回はそんなニューオーリンズを徹底的に楽しむ観光スポットをご紹介します。

アメリカ最古の歴史・フレンチマーケット

フレンチマーケットは、ミシシッピ川のバーボンストリートなどがある一角「フレンチクォーター」の中心で開かれる200年以上の歴史があるアメリカ最古のマーケットです。
ニューオーリンズの名物カフェ『カフェ・ドゥ・モンド』周辺から川沿いに小さな商店が軒を連ねています。

当初はニューオーリンズ市民に向けた商品を販売していたのですが、今では観光客向けの名産品・お土産・地元のクラフトを手に入れる事が出来る場所です。

フレンチマーケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 フレンチマーケット
住所 1008 N. Peters Street, New Orleans, LA 70116, USA
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.frenchmarket.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フレンチマーケットのスポットページ

朝からお酒を楽しめるバーボンストリート

朝からお酒を楽しめるバーボンストリート
フレンチクォーターを横切るように伸びているバーボンストリートはニューオーリンズでも非常に有名なストリートです。
多くのバーやレストラン・ショップが建ち並び、中でも「アッパー・バーボンストリート」には、観光客のお店が集中していて、多くの旅行者の交流の場になっています。

バーボンストリートを含め、フレンチクォーターにはアルコール規制が存在しないため、昼からお酒を飲みながら観光することが出来るのも魅力の一つ。
時にはハメを外して楽しむのもいいですね!

バーボンストリートの住所・アクセスや営業時間など

名称 バーボンストリート
住所 70116 New Orleans, LA 70116, America
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.neworleansonline.com/tools/streets/bourbonstreet.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バーボンストリートのスポットページ

由緒正しきアンティークの集まるロイヤルストリート

フレンチクォーターにあるショッピングスポットの中でも、リッチな気分で買い物を楽しめるのがロイヤルストリート。
バーボンストリートを平行して伸びるストリートで、お店が閉店する夜には静かになる、バーボンストリートとは対照的なエリアです。

ここでは先祖代々、地元でディーラーをしている由緒正しいアンティークショップや、世界的なアーティストの作品を扱うハイセンスなアートギャラリーなどが軒を連ねていています。

ロイヤルストリートの住所・アクセスや営業時間など

名称 ロイヤルストリート
住所 New Orleans, LA
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.neworleansonline.com/tools/streets/royalstreet.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロイヤルストリートのスポットページ

地元アートに触れられるジャクソン広場

広いフレンチクォーターの中でも文化的な意味の深いジャクソン広場は、歴史的建造物や博物館、老舗のカフェ等に囲まれた人気スポットです。
多くのバーが建ち並ぶバーボンストリートや、アートの活発なロイヤルストリートにも繋がる場所でもあります。

また、ジャクソン広場は地元のアーティストが集まる事でも有名で、年間200人もの画家が訪れるそうです。
旅の思い出として、地元の画家さんに似顔絵を描いてもらったり、風刺画を買ったりしてみるのはどうでしょうか?







ジャクソン広場 Jackson Squareの住所・アクセスや営業時間など

名称 ジャクソン広場 Jackson Square
住所 615 Pere Antoine Alley, New Orleans, LA 70116-3234
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.experienceneworleans.com/jackson-square.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジャクソン広場 Jackson Squareのスポットページ

アメリカでも地位の高いセントルイス大聖堂

アメリカでも地位の高いセントルイス大聖堂
ジャクソン広場とミシシッピ川に面して建つ、高い塔がポイントの有名なスペイン建築の教会です。
アメリカの現役カトリック司教座聖堂として最も古い歴史のあるセントルイス大聖堂は、ニューオーリンズ市内屈指の大きさを誇っており、社会的・宗教的にも貴重な地位につく聖堂でもあります。

また、セントルイス大聖堂はニューオーリンズのシンボルとして雑誌や絵ハガキに使用される事の多いスポットですので、ニューオーリンズに行った際には、是非写真に収めてみてください。

Saint Louis Cathedralの住所・アクセスや営業時間など

名称 Saint Louis Cathedral
住所 615 Pere Antoine Alley | New Orleans, LA 70116-3291
営業時間・開場時間 現地時間8:30-16:00
利用料金や入場料 無料(パンフレット希望の場合は1ドルの寄付)
参考サイト http://www.stlouiscathedral.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Saint Louis Cathedralのスポットページ

ニューオーリンズの歴史が学べるルイジアナ州立博物館(カビルド)

セントルイス大聖堂の隣にあるルイジアナ州立博物館は、1795年~1799年に渡り建築されたコロニアル風の元スペイン政庁です。
現在はルイジアナ州立博物館の一棟として使われ、ニューオーリンズの歴史資料がたくさん展示されています。

館内にはヨーロッパから来た豪華な装飾が施されたピアノと、アフリカから来た太鼓や竪琴が混ざって展示されており、ジャズの起源を肌で感じることが出来ます。

Louisiana State Museum (the-cabildo)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Louisiana State Museum (the-cabildo)
住所 701 Chartres St. | New Orleans, 70116
営業時間・開場時間 Tuesdays – Sundays 10 a.m. – 4:30 p.m.
利用料金や入場料 Adults 6ドル  Students, senior citizens, active military 5ドル   Children 12 and under 無料
参考サイト http://louisianastatemuseum.org/museums/the-cabildo/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Louisiana State Museum (the-cabildo)のスポットページ

ハイチで発展した宗教・ブードゥー博物館

フレンチクオーターにあるブードゥー博物館は、植民地時代のアフリカの奴隷制度のなかで、白人からの弾圧を逃れるためにハイチで発展したブードゥー教の、実際に儀式で使われたブードゥ人形などが数多く展示されている博物館です。

二部屋からなる小ぶりな館内に、所狭しと並べられたブードゥ人形に圧巻すると共に、白人から弾圧され、ネガティブな噂を流されたハイチの方々とブードゥ教の深い歴史を感じることが出来ます。

次のページでは『ミシシッピ川でクルーズに出かけよう!』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アメリカの記事を見る

ニューヨーク土産ならこれ!NY常連が薦める決定版お土産51選
知っているようで知らない、「自由の女神像」の歴史
砂漠の中の街「ラスベガス」が世界一の歓楽都市になった理由
スケール桁違い!アメリカの歴史建造物について調べてみました
サンフランシスコの観光で行きたい!「歴史的」観光スポット11選
地上最大級の火山の上にある『イエローストーン国立公園』の歴史を探ってみよう
今なお続く悲劇と惨劇――〈アメリカ先住民政策〉の歴史
アフリカ系アメリカ人選手が活躍した野球リーグ「ニグロリーグ」の歴史とは?
黒人メジャーリーガーの歴史を変えた男「ジャッキー・ロビンソン」とはどのような人物?
野球の世界最高峰・MLBが歩んできた歴史とは? 大きな出来事から現在まで
白熱のバトルが展開される「自動車レース」が歩んできた歴史とは?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語