日本三景の一つ「天橋立」(あまのはしだて)に行こう!

今回ご紹介するのは、日本三景の1つ「天橋立」です。日本国内でも有名どころなので、多くの人がご存知だと思いますが、なかには、まだ行ったことがないけど、今更どんなところかなんて誰にも聞けない!なんて人もいるのでは?

【京都常連が徹底ガイドのおすすめ記事】
京都観光の理想的な日帰りプラン5つ
殿堂入り!京都お土産ランキング BEST30

天橋立(あまのはしだて)とは?

天橋立(あまのはしだて)とは?
天橋立は、京都府宮津市の「宮津湾」と内海の「阿蘇海」を南北に隔てる砂州の事で、日本三景の1つです。
また、天橋立は、京都市を除いた京都府内の観光スポットで、最も人気があるそうです。

天橋立は、宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔て、全長3.6キロメートル及ぶ湾口砂州とされる。
形成についての詳細には諸説ある。
2万年前に宮津湾が完全陸地化して後、約7~8千年前に氷河期が終わって海面上昇が落ち着くなか当初水中堆積で発達が始まり、縄文時代の後氷期(完新世、約6千年前)に急速に成長し、2〜3千年前に地震により大量に流出した土砂により海上に姿をみせ、有史時代に現在の姿にまで成長したとされる 。
 wikipediaより







絶景ポイントへの移動方法

天橋立で有名なのは、笠松公園からみる「斜め一文字」や、天橋立ビューランドからの眺め「龍が天に登る姿に見える」という「飛龍観」などがありますが、いずれも小高い場所へ登ってこそ見える景色なので、モノレールやリフトと言った乗り物で絶景ポイントへ移動となります。

モノレールもいいですが、リフトで風を感じながら昇り降りするのもいいですね!

天橋立と言えば股覗き台

天橋立の絶景と言えば、この「股覗き台」は外せません。
人がやっているのを見ると、ちょっぴり恥ずかしい感じもしますが、誰もが必ずと言って良いほどこの股覗き台からの景色を楽しんでいますから、周りは気にせず、思いっきり覗きましょう!
次のページでは『さて、気になる股からの景色は?』を掲載!
次のページを読む >>