自然が生み出す美術館!アイスモンスター(スノーモンスター)”蔵王の樹氷”が凄い!

樹氷と言えば山形、宮城の樹氷が有名ですが、今回は「アイスモンスター(スノーモンスター)」と呼ばれる、山形の樹氷をご紹介します。普通の樹氷と何が違うの?真っ白な世界に突如現れるモンスター級の樹氷をご覧ください。






樹氷ってなぁに?

樹氷ってなぁに?
そもそも、樹氷というのは、おおよそ氷点下5度以下に冷却された水蒸気や過冷却の水滴(通常水が氷る0℃でも凍らない水)が風に乗り、一方向から樹木などに吹きつけて、凍結した物です。
先に吹きつけられた過冷却の水滴に、あとから吹き付けられた過冷却の水がぶつかることで、一気に凍ります。
これを繰り返し繰り返し、そして樹氷となります。

百聞は一見に如かず!【動画】 樹氷が出来る原理 

これと同じ現象が、起こる事により、樹氷は大きく成長します。
ちなみに、樹氷が出来る際の、核となる所は、一般エビのしっぽに似ていることから「エビのしっぽ」と呼ばれています。
「樹氷・エビのしっぽ」と検索すると出てきますよ!

蔵王の樹氷は何が違うの?

蔵王の樹氷は何が違うの?
さて、通常、樹氷といいますと、木々が白く、雪化粧された程度の物を想像すると思いますが、山形の樹氷は、その名の通りまるで雪のモンスター!
樹氷が出来ること自体、実は大変珍しく、条件が揃わないとみられないと言われています。
私たちが一般的に思い浮かべる、真っ白な木に見える程度の樹氷は「ぶなの樹」なのですが、山形で観られるモンスターと呼ばれるの樹氷は「アオモリトドマツ」という樹木なのです。
また、当たり前ですが、雪が降らないと樹氷は出来ません。
けれど、降りすぎるよな場所では、アオモリトドマツが自生できないのです。
そして、気候的な条件も揃わないと、ここまで樹氷が成長することがないのです。






思わず「うわぁ!」圧巻の景色!

思わず「うわぁ!」圧巻の景色!
リフトの両サイド、モンスターたちが見守ります。
こうしてみると、かなり大きな樹氷もあることが分かりますね。
アオモリトドマツが多く生息するヶ所は、モンスターの群れとなります。
でも、決して襲ってこないのでご安心を!
モアイ像みたいだね!ゴリラみたいだね!なんて、真っ白な世界で想像力もふくらみます。
cafe

Writer:

主婦、二児の母。文章を書くことが好きで、ライターというお仕事を通して様々な知識を蓄え中。私が世界で一番住んでみたいところは、絵本の世界のような、フランスのコルマール。いつの日か、コルマールのような素敵な街に移住するぞ!という夢をみながら、世界中の街を知るためネットサーフィンするのが趣味。そんな私の記事が、1人でも多くの方の旅の参考になれば幸いです。

この記事のカテゴリ

国内
宮城県
山形県
東北
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

国内の記事を見る

おいしい伊東土産はこれ!全部食べて決めた伊東温泉のお土産ランキングTOP15
常連の私が決める!冬の京都観光で行きたい名所ランキングTOP30
伊豆高原のお土産ならこれ!全部食べて散策して決めたお土産ランキングTOP10
修善寺温泉のお土産ならこれ!全部食べて決めたランキングTOP15
長崎のお土産ランキング!全部食べて決めた、美味しい&センス抜群&定番のお土産TOP25
長崎市の観光スポット21選!実際に行って決めた編集部厳選スポットはここ
飛騨高山の観光スポット18選 ホテル支配人に聞いたおすすめスポットはここ!
草津観光ならここ!温泉だけじゃない草津満喫の観光スポット10選
飛騨高山のお土産ランキングTOP19 地元民に聞いた伝統グルメ&雑貨はこれ!
武勇と外交に長けた「鬼義重」こと佐竹義重、常陸統一から出羽転封までを語り尽くす
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
四国の雄・長宗我部氏の転落劇の主人公・長宗我部盛親の数奇な人生!