名湯を楽しんだ後は…道後で訪れたいご当地スポット6選

四国で有名な温泉地のひとつと言えば、愛媛県の道後温泉です。日本三古湯のひとつにも数えられる歴史ある温泉地道後には、温泉以外の魅力もたくさんありますよ。今回はそんな道後でぜひ訪れたいスポットを6選紹介します。

万葉集にも記される・道後温泉

道後温泉は日本三古湯のひとつで、3000年以上の歴史を誇る名湯です。
愛媛県の古称である「伊予国」も、湯の国が訛って生まれたと言われているほどの温泉ですが、一躍有名になったのは、夏目漱石の本「坊ちゃん」の影響も大きいでしょう。
アルカリ単純温泉は神経痛やリューマチ、貧血などに効果があるとされ、湯治にも重宝されてきました。

道後温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 道後温泉
住所 愛媛県松山市道後湯之町
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.dogo.or.jp/pc/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

道後温泉のスポットページ

道後散策のスタート地点・道後温泉駅前

道後温泉の名物のひとつが夏目漱石の「坊ちゃん」をイメージした坊っちゃん列車。
その終着駅である道後温泉駅前は、坊っちゃん列車の方向転換が見ることができます。
記念撮影にも人気で、駅前は多くの観光客でいつも賑わっています。
のんびり足湯に浸かれるほか、道後ハイカラ通りや坊ちゃんカラクリ時計など、見どころも豊富。
駅舎は明治時代の洋風建築をそのまま復元したもので、レトロな風情が感じられます。

伊予鉄道 道後温泉駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 伊予鉄道 道後温泉駅
住所 愛媛県松山市道後町1-10-12 道後温泉駅1F
営業時間・開場時間 ショップ坊ちゃん列車(売店) 8:30~19:00 ※12月~3月 8:30~18:00 祝日は21:00まで
利用料金や入場料 無料(施設による)
参考サイト http://www.shikoku.gr.jp/spot/15
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

伊予鉄道 道後温泉駅のスポットページ

町のシンボル・道後温泉本館

町の中心に位置する道後温泉本館は、温泉施設として唯一重要文化財に指定されています。
レトロな近代和風建築は道後温泉のシンボルで、アニメ映画のモデルになったことでも有名ですね。
ここは宿泊ではなく立ち寄り湯のみで、銭湯のように入浴だけのプランや、浴衣や茶菓子も付いた個室でゆっくり過ごせるプランなど、いろいろ選ぶことができます。
朝6時の太鼓の音とともに入浴できるので、地元の常連客に交じって朝一番風呂を楽しむのもおすすめですよ。
夜にはライトアップされ、異空間のような不思議な景色が広がります。






道後温泉本館の住所・アクセスや営業時間など

名称 道後温泉本館
住所 愛媛県松山市道後湯之町6-8
営業時間・開場時間 4つの入浴コ-スによる(6:00から22:00または23:00)
利用料金や入場料 4つの入浴コ-スによる(大人410円から1,550円)
参考サイト http://www.dogo.or.jp/pc/about/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

道後温泉本館のスポットページ

春を告げる風物詩・道後温泉まつり

春を告げる風物詩・道後温泉まつり

image by iStockphoto

道後の町に春を呼ぶイベントとして賑わいを見せるのが、道後温泉まつり。
道後が最も華やかに彩られるお祭りです。
「湯祈祷祭」を皮切りに、「道後温泉時代パレード」や「温泉おどり」など、さまざまなプログラムが催されます。
中でも特に注目なのが、「女神輿かきくらべ」です。
法被姿の女性たちが男性顔負けの勇ましさで神輿を担ぎ、見ている人もパワーをもらえますよ!

道後温泉まつりの住所・アクセスや営業時間など

名称 道後温泉まつり
住所 愛媛県松山市道後湯之町
営業時間・開場時間 開催日による
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.dogo.or.jp/pc/news/2562.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

道後温泉まつりのスポットページ

よしあきくんに会えたらラッキー・松山城

松山城は別名「金亀城」と呼ばれており、市内中心部に位置する松山のシンボルです。
日本三大平山城にも数えられる城でしたが、火災で半数近くの建物が焼失してしまい、現在残るのは21棟となっています。
派手さはありませんが石垣にずっしりと腰を下ろしたようなフォルムは、日本100名城にも選ばれました。
ロープウェイで上まで登れるので、小さな子どもやシニアにも安心。
天守閣からの美しい景色が気軽に一望できますね。
松山城のキャラクター「よしあきくん」が本丸広場を散歩していることもあり、出会えたらラッキーですよ!
次のページでは『仁淀ブルーの澄みきった美しさ・面河渓』を掲載!
次のページを読む >>