移住者が伝える沖縄の魅力!沖縄本島で行けるビーチ20選

沖縄と言えばビーチ!
本州では気軽に見られない、遠浅でサンゴ礁に囲まれた美しい青が光る海が、沖縄にはたくさんあります。
ビーチこそ沖縄のアイデンティティですよね。
沖縄のビーチには海水浴だけでなく、海で遊べるアウトドアができるスポットもいっぱい。
また、ゆったり過ごしたい方、自然を満喫したい方にもおすすめできるくらい、沖縄のビーチは場所によって様々な表情が見れます。
今回は、移住者の視点から、海水浴でもマリンスポーツでも、用途によって選べる沖縄本島おすすめビーチ20選をご紹介します。

【沖縄観光の徹底ガイドおすすめ記事】
移住者が伝授する沖縄観光の完全ガイド!泊数別モデルプラン、格安旅行の仕方、おすすめ時期
もう迷わない!絶対おすすめの沖縄お土産20選
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

#1 那覇空港から一番近いビーチ・ 美らSUNビーチ

那覇空港から一番近いビーチ・ 美らSUNビーチ

image by PIXTA / 26996726

美らSUNビーチは、那覇空港から一番アクセスの良い豊見城にあるビーチです。

その為、空港から飛び立った飛行機が近い距離で見る事ができ、乗り物大好きなお子さんにも喜ばれています。

うまくいけば、美しい海、白い砂浜、青い空、飛行機をワンセットで写真におさめる事もできますよ。

また、ビーチは海水浴ゾーンとマリンスポーツゾーンに分かれているので、家族でも安心して遊べます。

砂浜が広いのも特徴的で、ビーチバレーやビーチサッカーも若者に人気。

バーベキューも予約でき、ビールサーバーのレンタルもあるので、沖縄の旅プランにオリジナルなビーチーパーティーなんてのも最高ですね。

最近では、夏に開催されるコロナフェスが定番になってきて、コロナビール片手に海と夕陽と音楽が楽しめる、大人の空間を味わえます。

また、芝生の広場やバスケットコートもあり、ひとつひとつのエリアが広いので、様々な遊び方ができるのが美らSUNビーチの魅力です。

美らSUNビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称美らSUNビーチ
住所沖縄県豊見城市豊崎5−1
営業時間・開場時間6:00−22:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://churasun-beach.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美らSUNビーチのスポットページ

#2 大人も子供も楽しめる・美々ビーチいとまん

大人も子供も楽しめる・美々ビーチいとまん

image by PIXTA / 16858784

糸満にある美々ビーチは、施設が豊富で何度訪れても新しい発見のあるビーチです。

子供に人気の人工磯は、浅くて安全なので泳ぐのが苦手な子でも海遊びを体験できますし、近くには遊具やクライミングできる場所も完備。

パークゴルフができたり、屋根付きの休憩スペースを借りる事もできるので、お父さん世代やおじいちゃんおばあちゃんも一緒に遊べますね。

遊び過ぎて疲れちゃったけど海が見たい、なんて時にもいいかもしれません。

また、遊泳ゾーンの先にある遊歩道も素敵で、カップルでお散歩しながらサンセット見る事もできます。

デートにもぴったりですね。

肝心のビーチは、遠浅で白い砂浜に映える青い海の色が美しく、時間帯によっては非常に南国リゾート感の強い海を見る事ができます。

シュノーケリングやパラセーリング、バナナボートも体験できるので、修学旅行生や大学生のグループ旅行にもおすすめです。

美々ビーチいとまんの住所・アクセスや営業時間など

名称美々ビーチいとまん
住所沖縄県糸満市西崎町1丁目6−15
営業時間・開場時間8:30−20:30(冬季は19:30まで)
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://bibibeach.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美々ビーチいとまんのスポットページ

#3 那覇市内唯一のビーチ・波の上ビーチ

那覇市内唯一のビーチ・波の上ビーチ

image by PIXTA / 21616210

数年前まで沖縄の中心都市・那覇には、意外な事にビーチがありませんでした。

波の上ビーチは、国際通りからの近いので、今や観光ついでに立ち寄れるビーチとなっています。

ビーチ眼前を横切るうみそらトンネルへ向かう道は、そのまま那覇空港方面に繋がっているので、アクセスも抜群。

旅の終わりのちょっとした時間に最後の海遊びを楽しむこともできます。

近くにはステーキハウスや食堂があったり、地元の生活感漂う若狭の町歩きも楽しいものです。

波の上ビーチは立地が神聖で、浜辺の上には昔から海外との交易船の出港を見守った、波の上宮という神社があります。

砂浜の脇にそびえ立つ様子は、なんとも美しいです。

中国との交流があった港が近い事もあり、福州園など異国情緒溢れる観光スポットもあります。

ビーチのあるうみそら公園では、ダイビングやシュノーケリングでも遊べます。

また、最近リニューアルしたバーベキュースペースはかまくら型のハウスやテントなどがあり、遊び心あるアウトドア体験ができます。

波の上ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称波の上ビーチ
住所沖縄県那覇市若狭1−25−11
営業時間・開場時間9:00−18:00(7-8月は19:00まで)
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.naminouebeach.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

波の上ビーチのスポットページ

#4 天然ビーチでお魚に会える、新原(みーばる)ビーチ

天然ビーチでお魚に会える、新原(みーばる)ビーチ

image by PIXTA / 15013436

新原(みーばる)ビーチは、自然のままが美しい天然ビーチ。

人工ビーチにはない、おしとやかな雰囲気が魅力的です。

人気は海の透明さを体感しながら、熱帯魚に出会えるグラスボート。

運が良ければニモで有名になったクマノミも見られますよ。

ゴールデンウィーク辺りから秋にかけては、マリンジェットや大きな空気ソファに乗ってジェットで海の上を高速移動できるビッグマーブルも体験できます。

もちろん海水浴もできるので、自然で透明な海を体で感じて下さい。

また、浜辺脇にある食堂かりかもご紹介したいスポット。

こちらは本格カレーが食べられるネパール・インド料理屋さんです。

カレー以外のメニューもありますが、暑い日差しの中、汗をぬぐいながら美しい浜辺で食べるカレーがやっぱりおすすめですね。

室内の飲食スペースはなく、あるのは浜辺に設置されたルーフとテーブルベンチのみ。

海の家とは違ったビーチグルメ体験ができます。


新原ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称新原ビーチ
住所沖縄県南城市玉城百名1599-6
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.mi-baru.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

新原ビーチのスポットページ

#5 ビーチであり聖地・南城市の百名ビーチ

ビーチであり聖地・南城市の百名ビーチ

image by PIXTA / 9428948

百名ビーチは、私が最もおすすめしたいお気に入りのビーチです。

こちらも新原(みーばる)ビーチのすぐ隣にある天然ビーチですが、雰囲気が独特。

というのも謂れがあり、百名ビーチは久高島から渡ってきた琉球(古来の沖縄)を創った女神・アマミキヨが最初に上陸した場所とされています。

その為、その場所にはヤハラヅカサという石の碑があり、干潮の時にのみ海の中から現れます。

たまたま訪れたのが干潮時だったので、最初に見た時は突然現れた石碑に驚きました。

まさに、聖地として地元の方々から大切にされてきた場所でもあるので、バーベキューやマリンスポーツを行う施設なども建っておらず、静かにおっとりと佇む雰囲気に心が現れます。

百名ビーチで派手なマリンスポーツは見られませんが、浜辺や海の中を馬に乗って巡る体験ができます。

ビーチの受付ではなく、県内の海馬遊び体験を行っている施設で申し込むシステムになっています。

聖地で乗馬という海遊びなんて、珍しい体験も沖縄ならではです。

百名ビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称百名ビーチ
住所沖縄県南城市玉城字百名‎
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.kankou-nanjo.okinawa/enjoy/details/163
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

百名ビーチのスポットページ

#6 家族連れに嬉しい西原マリンパークのきらきらビーチ


きらきらビーチの砂浜は、遊泳ゾーンとマリンスポーツゾーンと合わせて550メートル。

ピクニック広場や子供の喜ぶ遊園場もあって、お子様連れの家族旅行で行くには至れり尽くせりのビーチ施設です。

浮輪やパラソルもレンタルでき、予約制ですが食材の揃ったバーベキューもできるので、手ぶらで存分に海遊びを楽しめますね。

絶叫系のジェットスキーは、友達と体験すれば笑いが止まらないほど楽しいですよ。

ビーチから歩いてすぐのムーンテラスカフェもおすすめ。

お得なランチセットや、南国気分が味わえるトロピカルなドリンクもあります。

夜はBARでおしゃれなカクテルを飲みながら、気分も上がります。

西原きらきらビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称西原きらきらビーチ
住所沖縄県中頭郡 西原町東崎17
営業時間・開場時間9:30−18:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://xn--pck7csb8b4b1c.com/kirakira.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

西原きらきらビーチのスポットページ

#7 まるでアメリカ!アラハビーチ

まるでアメリカ!アラハビーチ

image by PIXTA / 25461002

アラハビーチは、街中に馴染むまるで海外に来たかのようなビーチです。

沖縄本島中部は、米軍基地もある影響でアメリカ人も多く、海辺でジョギングやパーティーをしている様子も伺えます。

日本人には醸し出せない独特な雰囲気です。

バナナボートも人気で、バーベキューや海水浴を楽しんでもOK

でも、アラハビーチでの地元的な楽しみ方は、やっぱりビーチパーティー。

アラハビーチでは、夏になるとバーベキューエリアでビーチーパティーを行う地元民が多く、持ち込みも食材のセット注文もできて便利です。

アラハセットとゴールドセットがあり、ゴールドセットのスペアリブを、ビーチで食べる旨さは格別。

ビール片手の最高の大人時間が過ごせます。

また、アラハビーチのある安良波公園には、海賊船インディアン・オーク号のアスレチックがあり、子供にも人気のスポットです。

松本はるけ

Writer:

埼玉の自然豊かな地方に生まれ、幼少期は山や川で遊びながら、寺社仏閣に囲まれて育ちました。歴史好きが高じて、憧れの京都へ進学。観光地を巡り、人の温かさを学びつつ、タイ料理店への勤務によってアジアへ興味を持つ事になります。後に、観光で訪れた沖縄の魅力に惹かれ、移住を決断。現在は、南部の田舎で、青い海に癒される毎日を送っています。

この記事のカテゴリ

アフリカ
マリ
国内
沖縄
絶景
自然

アフリカの記事を見る

マケドニア観光なら次はここ!「オフリド」で見たい絶景10選
ガーナ観光なら次はここ!「アクラ」で見たい絶景10選
モロッコ観光なら絶対ここ!青い絶景の「シャウエン」で見たいスポット10選
タイでボランティアしている筆者が指南♪タイの観光完璧ガイド
ディズニーシーの未来的空間 ポートディズカバリーの ”ホライズンベイ・レストラン”でミッキーと出会おう!
紀元前800年代には港町として栄えていた街。モロッコ「エッサウィラ」観光で見たい絶景10選
ローマ時代の名残そのまま感じる、モロッコの「ヴォルビリスの古代遺跡」
政府公認ガイドが教える!フィレンツェ観光完璧ガイド
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ
モロッコ観光の王道「ラバト」で見たい絶景10選
実は美女ではなかったクレオパトラ!?王として、女として生きた彼女の波乱の人生
モロッコのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選

関連記事を見る