青森市ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP5

青森市でランチを探しても、情報が多すぎてどのお店にいったらいいかわからない…そんなときは、地元民が選んだおすすめ飲食店から探してみてはいかがでしょうか。wondertrip編集部ではこの度青森市で美味しかったランチ情報と写真・口コミを募り、集まった中からさらに食べログ・一休その他グルメサイトの情報を集め、厳選して独自ランキングにしました。青森市の満足ランチがきっと見つかります。






青森市ってこんなところ!名物グルメや特産品は?

青森市ってこんなところ!名物グルメや特産品は?

image by PIXTA / 36771567

ねぶた祭が有名な青森市は、本州最北端の青森県の県庁所在地でもあります。
青森駅前を降りると、近代的な商業施設がずらりと並び、市の出張期間などもありとても便利で機能的な都市です。
そんな近代的な雰囲気のなかに、昔ながらの市場もあり、地元民をはじめ観光客も新鮮な魚介類を購入することができたり、活魚を使った寿司などを食べることができるのも魅力の一つ。

また、ユニークな食文化があり味噌カレー牛乳ラーメンが名物として知られています。
美しい自然も多く、日本百名山である八甲田山、湿地として重要な陸奥湾、温泉で知られる浅虫などと見どころも満載な都市です。

5位 青森の定食・食堂「丸青食堂」

5位 青森の定食・食堂「丸青食堂」

写真:ジャックさん(wondertrip取材)

青森駅から5分歩いたところにある複合施設の地下1階にお店を構えています。普段はランチタイムのサラリーマンや学生、観光客の方が利用をしています。おすすめはサーモン丼です。毎日とれたての魚を提供しているのですごく脂がのっていて美味しいです。予算は1,000円になります。
by ジャックさん
青森県の駅より徒歩数分のところにあるアウガ新鮮市場は、地下に鮮魚、野菜などを打っている市場が並んでいる場所です。
市場のなかには、食堂が数件がはいっていて、その一軒がこちらの丸青食堂。

朝の五時から営業しているので、フェリーなどで朝早くついたときも使うことができる便利な店です。
昼時になると近くのビジネスマンも利用しにぎやか。
観光客にも人気なお店で新鮮な青森県の海の幸を食べることができます。

店のおすすめはサーモン丼で、いくらと、サーモンがごはんが見えなくなるほどたっぷりとのっています。

カウンターに椅子という形態でとてもシンプル。
お店という構えではなく市場の通路の忽然と食堂がある感じで、初めて行かれる人はちょっと面食らうかも。
メニューは写真付きで分かりやすいが、決しておしゃれではないけど新鮮な海の幸がたべることができるおすすめの食堂ですよ。

丸青食堂(青森/定食・食堂)の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 丸青食堂
住所 青森県青森市新町1-3-7 フェスティバルシティ アウガ B1F(最寄り駅:青森駅)
営業時間 6:30~16:00/ 日曜営業
食事の予算 ランチタイム予算 ¥1,000~¥1,999
参考サイト 食べログで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

4位 青森の居酒屋「りんご箱」

4位 青森の居酒屋「りんご箱」

写真:ジャックさん(wondertrip取材)

青森駅から歩いて5分のところにあります。普段は仕事帰りのサラリーマンや学生、カップル、観光客の方も利用をしています。おすすめは何といってもマグロの刺身です。同じフロアに鮮魚店がたくさんあり、毎日そこから仕入れた鮮度抜群のものを扱っています。予算としては3,000円あればお腹いっぱい美味しいものが食べられます。
by ジャックさん
同じくアウガ新鮮市場の中にあるリンゴ箱は、店名のとおりリンゴをいれていた木箱を上手にテーブルと椅子にして経営をしている居酒屋です。
木箱のくみあわせで、こんなにも木の温もりがある素朴なインテリアができるのかと、違う点でも気になるお店なので、ぜひ青森市に行った人には立ち寄ってほしい場所の一つ。

居酒屋という店名どおり、地元の名酒も揃うお店です。
居酒屋ということで夜に使いたいところですが、昼もおすすめ。
青森といえば本マグロでも有名なのは周知のとおり。
この食堂では本マグロをつかった寿司をコスパよく食べることができます。
ぜひその寿司をランチタイムに食べに行ってみませんか?

魚の鮮度は間違いなしで、同じ市場内に鮮魚店から活きの良いものを毎日仕入れています。
青森らしい家庭的なグルメをコスパよく食べることができる居酒屋としておすすめ。

りんご箱(青森/居酒屋)の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 りんご箱
住所 青森県青森市新町1-3-7 フェスティバルシティ アウガ(最寄り駅:青森駅)
営業時間 10:00~23:00(L.O.22:00)/ 日曜営業
食事の予算 ランチタイム予算 ¥1,000~¥1,999 / ディナータイム予算 ¥3,000~¥3,999
参考サイト 食べログで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

3位 新青森の焼きそば「黒石や」

3位 新青森の焼きそば「黒石や」

写真:真澄さん(wondertrip取材)

新幹線・新青森駅の1階フロアにある昭和の横丁の雰囲気を演出した飲食店街にある焼きそばのお店です。店内はテーブル席もありますが、迷わず焼いてくれるところを目の前にできるカウンターに座りました。この店の名物は、店名にもある黒石焼きそばです。B級グルメ好きの方ならご存じかとも思いますが、青森の新名物となったB級グルメ〝黒石つゆやきそば〟が名物ですのでオススメです。麺は青森の焼きそばの特徴でもある、固めなのに適度なもっちり感がある薄く平たい麺です。それをまずは普通に野菜や肉と炒めて、黒石焼きそばが完成。そこに少し酸味?魚味?のあるそばつゆを注ぎかけてつゆ焼きそばの完成です。やきそばのソースは甘めで、意外と言っては変かもしれませんが、めんつゆをかけてもソースの味がしっかり感じられました。
by 真澄さん
青森市のカフェをめぐるとなぜか珈琲のほかに自慢のメニューがありそれがたいていカレー。
青森市民に愛されているカレーを使ったやきそばをたべることができるのが、黒石やです。

黒石といえば、青森県の黒石地区ではめんつゆを冷えた焼きそばにかけてたえたことが始まり。
なんでも冷えた麺を温めるためにつゆをかけたそうなのですが、それがいまやB級グルメとして人気の黒石つゆ焼きそばとまでなりました。

しかしその有名な黒石やきそばは、黒石地区に行ったときにたべてもらうことにして、新青森県駅構内では、カレーがかかった焼きそばをぜひ食べてみましょう。

お店では名物の黒石やきそばをご家庭でも楽しめるようにお土産として売られています。
ぜひ観光土産に購入されてみてはいかがでしょう。

黒石や(新青森/焼きそば)の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 黒石や
住所 青森県青森市石江字高間140-2(最寄り駅:新青森駅)
営業時間 11:00~19:00/ 日曜営業
食事の予算 ランチタイム予算 ~¥999 / ディナータイム予算 ~¥999
参考サイト 食べログで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。






2位 青森のその他「青森魚菜センター 本店」

2位 青森のその他「青森魚菜センター 本店」

写真:鈴亜さん(wondertrip取材)

青森駅の近くにある青森魚菜センターでは、海に囲まれている青森でとれる新鮮な海の幸を食べることができます。普通のお食事処とはシステムが異なっていて、自分オリジナルの海鮮丼が作れます。食券を購入してその食券と引き換えに、丼の具材をのっけてもらうことができます。なので、いくらのみをのっけてもよし、まぐろの食べ比べ丼でもよし!で、少しずつ丼が完成していくのも楽しみの要素のひとつです。また生の魚介だけでなくお肉もあったり、汁物もあったり、お漬物もあったりとバリエーション豊かです。たまにおまけもしてもらえちゃいます!1000円でとっても豪華なランチを堪能しました。
by 鈴亜さん
青森駅そばの古川市場内にある青森魚菜センター本店では、毎日新鮮な魚や野菜を使った食事ができます。
なかでも一番人気と言っても過言でないのが、海鮮のっけ丼。
名前の通りどんぶりのうえにあふれんばかりの新鮮な海鮮が乗った一品です。

こちらのおみせのうれしいところは、海鮮を自分で選部ことができるところ。
いくらだけたっぷりと乗せてもらいたい人は、「いくら」だけののっけ丼を食べることができます。
いわゆるカスタマイズ自由なのっけ丼なんです。
漬物や、みそ汁などもオーダーできるので、丼に副総菜、スープなどを足して定食を味わうことも。

朝七時と早くからやっているのもうれしいですね。
ランチ時は多くの観光客や地元の客でにぎわいますので、気持ち早めか、ちょっとお昼時をずらしていくのがいいですよ。

青森魚菜センター 本店(青森/その他)の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 青森魚菜センター 本店
住所 青森県青森市古川1-11-16(最寄り駅:青森駅)
営業時間 7:00~16:00 ※のっけ丼の営業時間/ 日曜営業
食事の予算 ランチタイム予算 ¥1,000~¥1,999
参考サイト 食べログで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

1位 青森の定食・食堂「お食事処おさない」

1位 青森の定食・食堂「お食事処おさない」

写真:真澄さん(wondertrip取材)

青森駅前のロータリーから延びるメインストリート沿いにある、郷土料理の一品料理と定食のお店。値段設定が高めなので、地元の人よりも観光客がメインのお店です。おススメは『ほたて貝焼き定食』(ごはん、貝焼きミソ、小鉢、漬物、みそ汁付1030円)成人男性が手の平を開いたほどの大きなホタテの貝殻に、刻んだプリプリのホタテがたっぷり、それをみそ味の卵とじにしてある郷土料理です。薄味で素朴なのですがホタテの濃厚な滋味にあふれ、ご飯がすすむほっと安らぐ一品です。
by 真澄さん
青森駅を下車、徒歩数分で行くことができる場所にある食堂「お食事処おさない」は、青森県の家庭的な食事を楽しむことができるお店です。
店の看板にもなっているとおり陸奥湾でとれたおいしいホタテ貝をたべることができる店としても知られています。

貝をそのまま使って「卵とじ」として食べる料理は、青森県や函館あたりの人ならなじみの家庭料理でしょう。
貝を直接にガスであぶるので旨味がたっぷり。
それを卵でとじ味を逃がさないようにします。
白いご飯にとてもあうので、食べたことがない人はぜひオーダーしましょう。

お店はランチタイムとディナータイムで分かれており、ランチが二時で終了なので早めに食べに行くことをおすすめします。
ホタテを使ったラーメンやカレーなどのほかに、ウニやイクラなどの魚介も鮮度良くおいしいお店です。
ホタテが食べれない人と一緒でも安心してランチができますよ。

お食事処おさない(青森/定食・食堂)の住所・アクセスや営業時間など

店舗名 お食事処おさない
住所 青森県青森市新町1-1-17 1F(最寄り駅:青森駅)
営業時間 11:00~14:00 16:00~20:00(L.O.) ※L.O.の前に並ぶ必要あり/ 日曜営業
食事の予算 ランチタイム予算 ¥1,000~¥1,999 / ディナータイム予算 ¥1,000~¥1,999
参考サイト 食べログで詳細を見る・予約する
※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

青森市でおいしいお店を見つけよう!

この記事では、青森市のランチ情報を掲載しました。
実際に行った人の感想&レポートは参考になりましたか。
当サイトでは他にも青森グルメ情報を掲載していますので、ぜひ参考にしてください。
デートに、会食に、接待に、家族での外食に、おひとりさまの食事に、お役に立ちますように。
photo by PIXTA
Gourmet

Writer:

観光やデート、歴史に温泉…きっかけは何であれ、人が動き、その土地にお金が落ちることで、世の中はもっと良くなると思います。さらに、そのすべてのきっかけに寄り添う「グルメ」の力で旅が豊かなものになれば、それはもっと良いこと。美味しいお店、あらゆるシーンごとに使いやすいお店を調べて紹介します。

この記事のカテゴリ

その他
グルメ
ランキング記事
国内
絶景

関連記事を見る

その他の記事を見る

新宿デートにぴったりの個室レストランはここ!予約推奨&記念日対応OKな個室レストランランキングTOP29
神戸・三宮デートでディナーするならここ!記念日ディナーもバッチリ&予約推奨レストランランキングTOP30
丸の内ランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP9
名古屋ディナーならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP5
神戸・三宮デートでランチするならここ!記念日ランチもバッチリな予約推奨レストランランキングTOP30
銀座デートにぴったりの個室レストランはここ!予約推奨&記念日対応OKな個室レストランランキングTOP30
東京のうまい店はどこ?皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP30
渋谷の夜ご飯ならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP16
渋谷デートで和食ならここ!予約推奨&記念日対応OKな和食レストランランキングTOP5
仙台のランチならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP12
横浜中華街デートでいきたい中華料理はここ!予約推奨&記念日対応OKなレストランランキングTOP5
愛知のカフェならここ!皆に聞いた美味しかった飲食店ランキングTOP7