青森県に行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選

次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。日本・青森県での旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。


ねぶた祭り

青森県ではねぶた祭りが有名です。
青森市で毎年8月2日から7日までの6日間開催され、のべ200万人ほどの観光客が訪れます。
ねぶた祭りは、七夕の灯篭流しが原型とされていて、ねぶたは灯篭を意味しています。
ねぶたを作るねぶた師が存在し、祭りでお披露目される。
複数の評価項目があり、優れたねぶたには賞が贈られる。

青森ねぶた祭の住所・アクセスや営業時間など

名称 青森ねぶた祭
住所 青森県青森市新町
営業時間・開場時間 イベントによる
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nebuta.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

青森ねぶた祭のスポットページ

新緑の奥入瀬渓流

新緑の奥入瀬渓流

image by iStockphoto / 62827212

青森県の南部に位置する十和田湖は、日本でも有数の美しい湖として有名です。
青森県と秋田県にまたがり、十和田湖と奥入瀬渓流は国立公園に指定されています。
美しい自然を残し、数多くの滝があることでも有名です。
美しい新緑と紅葉の風景は見るものを魅了し、多くの観光客が訪れます。
奥入瀬川に沿って車道が整備されており、車で通り抜けることも可能です。

奥入瀬渓流の住所・アクセスや営業時間など

名称 奥入瀬渓流
住所 青森県十和田市奥瀬
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://towadako.or.jp/sansaku-map/oirase-nenokuchi/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

奥入瀬渓流のスポットページ

弘前市の桜

弘前市の桜

image by iStockphoto / 60030512

青森県のほぼ中心地にある弘前市は桜の名所として有名です。
東北ですから、本州のほかの地方と比べると桜の開花は遅く5月上旬に満開を迎えます。
弘前公園には多くの桜が植わっており、春桜が満開になるころには弘前さくらまつりが毎年開かれ、露店なども出店され賑わいを見せます。
弘前公園の濠にかかる桜を舟から見るのも美しく趣があります。

弘前市の住所・アクセスや営業時間など

名称 弘前市
住所 青森県弘前市
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.city.hirosaki.aomori.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

弘前市のスポットページ

秋の奥入瀬渓流

秋の奥入瀬渓流

image by iStockphoto / 16579090

紅葉の奥入瀬渓流奥入瀬渓流は新緑の季節も人気ですが、秋の紅葉の季節も人気が高く多くの観光客が訪れます。
冬は奥入瀬渓流付近は積雪が多く立ち入ることが困難になります。
奥入瀬渓流に存在する滝のいくつかは凍結し、違った様相を見せます。
紅葉の季節も気温はぐっと低くなるため、凍結した滝が見れるかもしれません。
新緑の季節と合わせて訪れたい季節です。


奥入瀬渓流の住所・アクセスや営業時間など

名称 奥入瀬渓流
住所 青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://towadako.or.jp/sansaku-map/oirase-nenokuchi/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

奥入瀬渓流のスポットページ

蔦沼の紅葉

蔦沼の紅葉

image by iStockphoto / 000058267522

奥入瀬渓流から北上していくと奥入瀬とはまた一味違った紅葉を堪能することが出来ます。
それが蔦沼の紅葉です。
蔦沼は野鳥の宝庫としても有名でバードウォッチングも行われています。
蔦沼は蔦七沼の一つで月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼、赤沼がほかに存在して、どれも美しく紅葉が特に有名な観光スポットとして人気があります。

蔦沼の紅葉の住所・アクセスや営業時間など

名称 蔦沼の紅葉
住所 青森県十和田市奥瀬蔦
営業時間・開場時間 10月中旬~10月下旬
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://sp.jorudan.co.jp/leaf/spot_117749.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

蔦沼の紅葉のスポットページ

世界遺産白神山地

世界遺産白神山地

image by iStockphoto / 63433479

日本で世界自然遺産に登録されている数少ないものといて有名なのが、青森県にある白神山地です。
白神山地は秋田県と青森県にまたがり、約13万ヘクタールにも及ぶ広大なブナの原生林です。
原生林が今でも維持されており、人の手がほとんど加えられていないありのままの自然を見ることが出来ます。
多くの植物や野鳥も生息しています。

白神山地の住所・アクセスや営業時間など

名称 白神山地
住所 青森県中津軽郡西目屋村
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.shirakami-visitor.jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

白神山地のスポットページ

コバルトブルーの池、十二池

コバルトブルーの池、十二池

image by iStockphoto / 62827588

コバルトブルーの色をした池として有名なのが、白神山地の中にある十二池です。
コバルトブルーの池は全国的にも美しく、神秘的です。
白神山地の中にあるため、白神山地の大自然を堪能しつつ神秘的なこの池を楽しむことが出来ます。
水中には朽ちたブナの木が横たわっており、見る角度によってさまざまな表情を見せる池でもあります。

関連記事を見る

グルメの記事を見る

浅草グルメ18選!実際に1週間かけて実食&徹底レビュー
安曇野で行きたい観光スポットはココ!定番から地元で人気のお洒落カフェ、穴場まで【長野県】
蔵王温泉の観光前に知りたい!美肌の湯・美味の郷・仏のまします霊峰「蔵王温泉」の歴史
静岡の温泉地やおすすめの温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
日本最古の名湯「有馬温泉」の愛される魅力とは
山梨県の金精軒へ「水信玄餅」を食べに行こう!実際に行ってみた
福島の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
地元民が選ぶ!鹿児島県で絶対食べておきたいグルメ30選
福井の温泉地やおすすめ温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
【鳥取砂丘のパラグライダーをやってみた】遊び足りないなら、空を飛べばいいじゃない
この夏絶対行きたい!「軽井沢」日帰りで行ける人気スポットを一挙に紹介。
【愛知お土産】地元民が選ぶ!スイーツから味噌まで愛知県のお土産28選